気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報 ビジネス

要項と要綱の違いとは!?どう使い分けるのが正解?

投稿日:

ビジネス文章を作成する時に「実施要項」なのか「実施要綱」なのか、「開催要項」なのか、または「開催要綱」なのか?

現実問題として考えるとどちらも使用されていて、どっちでもいいようにも思えます。

 

ここは、漢字の意味という視点から、じっくりと考えてみることにしましょう。発音は同じですが、意味が違うので注意すべきものです。

今回は、それぞれの「要綱」と「要項」の使い分けや意味について解説していきます。

 

スポンサーリンク

要項と要綱の違いとは!?どう使い分けるのが正解?

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。

要綱」とは「根本を成す大事な事柄(をまとめたもの)」とあります。

また「要項」とは「必要な、肝心な事柄(を記したもの)」とあります。

 

」という漢字は、この2つの熟語に共通しているので、違いがあるとすれば、「」と「」の違いでしょう。

」の方は、ごくごく普通に目にする漢字で、「項目」「条項」の「」です。

本来の意味は「うなじ」ですが、ここでは、比較的短い文章のまとまりというイメージでとらえる事が出来ると思います。

 

一方の「」もよく見る漢字ですが、「要綱」という熟語に即して意味を考えるとなると、ちょっととまどうかもしれません。

私たちがよく知っているのは「横綱」「綱引き」の「」、「つな」という意味での用法です。

 

しかし、この漢字は本来、「つな」は「つな」でも「太いつな」「大きなつな」を表しています。

そこから転じて、物事の根本となる重要なもの、という意味で使われることがあるのです。

そこで、「」は細かい方、末端の方へと進んでいくイメージがあるのに対し、「」の方は根本の方へ向かうイメージがあると考えることができます。とすると、「要項」は必要とされることがらの細目、「要綱」は根本となる重要なことがら、という意味になると思われます。

 

つまり、「要綱」が根本にあって、それを実現するための細目が「要項」になる、というわけです。

抽象性が高いのは「要綱」、具体性が高いのが「要項」とも言えるでしょうか。

では「要綱」と「要項」、どの様に使い分けるのでしょうか?

そして次に、この場合はどの「ヨウコウ」?なのか、具体的な使用例を紹介します。

1:災害時の避難計画の実施「ヨウコウ」をまとめる。

2:山林の開発は、指導「ヨウコウ」に沿ってすすめる。

この場合は「要綱」が正解です。

 

どちらも役所で使用されている例文をご紹介しましたが、「要綱」は主に役所が事業などをすすめる上での方針・基準をあらわす場合に用いられることの多い言葉です。

一般的に用いられることもありますが、その場合は大げさな表現になってしまいがちですので「要項」が広く用いられています。

 

次の使用例の場合、

1:アルバイトの募集「ヨウコウ」を確認する。

2:大学受験の入試「ヨウコウ」を調べる

この場合は「要項」が正解です。

 

どちらも全体の文章の中から、特に大事な部分をまとめたものを確認する、調べるという意味で使用されていますので「要項」が正しい使い方になります。

 

スポンサーリンク

要綱とは?

要綱とは、基本となる大切な事柄。また、それらをまとめたもの。綱要。

運動方針の要綱」「要綱」の「」は、「糸をより合わせて作ったつな」の意から、「規則・法則」、「物事を分類するときの大きな単位」などに用いられ、大切な事柄、基本方針の意味を表します。

したがって、「要綱」とは「要約した大綱(大きなあらすじ)」のことで、「重要な事柄をまとめたもの」の意味を表します。

要項」は、「必要な事項」、「大切な項目」の意味を有し、「募集要項」などとして用いられます。

 

要綱と要項又は要領の差異を強いて言えば、その指針・基準を大綱的に定める場合には「要綱」を、細目的に定める場合には「要項」を用いるということです。

一つの指針・基準を便宜上、段階に分けて定める場合においては、まず大綱的な部分を要綱で定め、細目的な部分を要領で定めるのが通例です。

 

用字用例辞典に挙がっている例を見てみますと、

  • 要綱:「計画要綱」・「設立要綱」・「法律改正の要綱」・「指導要綱
  • 要項:「募集要項

要綱」は、何かルール的なものや要約したものという感じですね。

 

しかしながら、やはり微妙な感じもしますので、「○○ヨウコウ」という発言があって上記の用字用例辞典の例を見ても判別できないものは、ネットで検索などして確認されるのがお勧めです。

また、この言葉が出てくるときは大抵繰り返し何度も出てきますので、うっかり変換ミスしてしまったり、見落としてしまう可能性が非常に高いです。

 

さらに、両方が入りまじって出現することもあります。

最後に必ず検索してチェックしてみることもお勧めいたします。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報, ビジネス

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.