気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

その他

今の会社は休みが少ない!もう辞めたいけど転職って難しい!?

投稿日:2019年12月1日 更新日:

週休二日制で福利厚生がしっかりした職場だと思って入社したけど
気付いたら土日出勤してるし、残業も多い…。

最初のうちは頑張れたけど、そろそろ限界だ…と思い詰めて調べて
この記事へとたどり着いたことを、お察しします。

休みが少ないから辞めたい、と感じる人は多いのですよ!

今回は転職事情も交えて、考えていきましょう。

なんだかんだで休みが少ない今の職場…辞めたい気持ちがムクムクと!

土日祝祭日は休んでいいことに
なっているけど休めないことが多い…。

休みの日に呼び出されて仕事をする羽目になった…。

そんなことが続くと、「休みってなんだろう?」
って思っちゃいますよね。

明日は休みのはずなのに、
また仕事の連絡がくるかと思うと、心も身体も休まらない…。

ふとした瞬間に「辞めたい」と思い始めたら、
もう身体が悲鳴をあげようとしている証拠です。

ストレスが爆発したり、病気でぶっ倒れたりする前に、
どうにか手を打ちたいですよね。

もしも転職を考えた場合は、
余裕をもって3カ月前から上へ話しておきましょう。

引継ぎなどのことを考えて、
遅くても1カ月前までには伝えるのが常識です。

精神的に参ってしまっては、仕事の効率は下がる一方です。

休みが少ないのを理由に辞めるのはあり?転職する時のルールとは!?

転職理由を面接で問われたとき、
「休みが少なかったので…」と正直に答えるのは、NGです。

採用する側に「すぐ辞めるのではないか」
という不安を抱かせてはいけません。

とくに勤めてまだ半年程度の「早期退職」の場合、
転職活動はそれ相応の理由がない限り、
かなり厳しいと言われています。

それ相応の理由とは「ブラック企業」だった場合です。

前の職場が毎月60時間以上の残業が当たり前になっているような
まごうことなき「ブラック企業」だった場合は、
正当な転職理由になるため、
正直に話して良いという暗黙の了解があるようです。

転職活動における面接では、すべてを正直に話すわけではなく
すべてをポジティブな内容に変換して話すことがポイントです。

面接では愚痴っぽくならず、前の職場のことを聞かれても
なるべく良い職場であるようにお話しましょう。

休みを求めるのは当たり前!


最近の若者は、「休みを求める」傾向にあると言われています。

そこまで給料はもらえていないから、モチベーションが上がらない…
という人も多いといいます。

でもそれって、当然ですよね。

それなりの対価があるならまだしも、
給与にも反映されていないのですから
休みを欲するのは当たり前です。

「休みが少ないから辞めたい」と思うのは、
別におかしなことではありませんし、むしろ健全です。

面接で露骨に福利厚生の話をするのはいけませんが、
転職先の福利厚生をしっかり見極めて、
新しい職場を検討していきましょうね!

こんな記事も読まれてます

-その他

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.