気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

育児子育て

まさか!?pta本部役員を推薦で決める!?

投稿日:

毎年難航するPTAの役員決め、
その中でも責任のある仕事を任される
PTAの本部役員は推薦で決める地域が多いようです。

クラス委員や学年委員は立候補制の学校が多い中、
PTAの本部役員は誰でも良いというわけではないので
客観的に見て適任と思われる人が役員になれるように
推薦という制度を取っているようですね。

制度としては理にかなっているのですが、
自分が推薦される側になったら大変です。
自分の意に反して推薦されたとしても
一年間PTAの仕事を任されることになります。

まさか自分が推薦されるなんて!!という事態になる前に
どのような人が推薦されやすいのか、
また、推薦された場合にはどのような
仕事が待っているのかを把握しておけば
いざという時の心構えができそうですね。

pta本部役員に推薦されやすいママはこんな人!?

PTAの本部役員に推薦されやすいママの傾向はあるのでしょうか。
責任のある立場であるPTAの本部役員に推薦されるママは
やはり「仕事を任せられそう」という素質を持っている
ママが選ばれる傾向にあるようです。

例えば、
・しっかりしている
・仕事ができそう
・気が弱く断られなさそう
・社交的
・人当たりが良い
・今まで役員を避けてきた人
・パソコン作業が得意な人
などが、PTAの本部役員に推薦されやすいママと言えます。

これまでの保護者会やママ友とのお付き合いの中で
「しっかりしてるね!」「仕事が早いね!」
と言われた覚えのある方は要注意です。

また、みんなが積極的にはやりたいと思っていない
PTAの本部役員には、気が弱くて仕事を押し付けても
「NO」と言わなさそうなママも推薦されがちです。

今まで長年役員を避けてきた方は
「あの人は役員やってないから、PTAの本部役員に推薦しちゃおう!」と
多くの方から反感をかっての推薦という、
あまり歓迎できない事態に陥ることもあるようです。

他には、色々な立場の人と関わることになるPTA役員は
コミュニケーション能力も必要になりますから、
社交的な方もPTAの本部役員には適していると思われそうですね。

パソコン作業が多い書記や会計といったポジションには
パソコンが得意というのも推薦されやすいポイントかもしれません。

能ある鷹は爪を隠す、ではありませんが
学校行事の場面で必要以上に能力をアピールすると
気がついたらPTA本部役員に推薦されてしまった!
ということになってしまうかもしれません。

pta本部役員って何をやるの?

では、PTAの本部役員って
具体的にはどのような仕事をするのでしょうか。

大変そうだから嫌だな、と思っていても
実際にどのような仕事をしているかというのは
イメージが湧きづらいですよね。

役職の名前や、仕事内容は地域や学校ごとに異なりますが
概ね共通しているのは会長、副会長、会計、書記という役職があることです。
役職ごとにどのような仕事があるのか見ていきましょう。

・会長
行事の際の挨拶、地域のPTA会長会などへの出席

・副会長
雑務や、PTAの会合の進行、保護者からの問い合わせへの返答

・会計
PTA会費の管理、備品の購入、監査に向けての帳簿の作成

・書記
PTA会合の際の記録、書類作成

学校全体の保護者が関わる大きな組織で
このようなポジションを務めるというのは、やはり荷が重そうですね。

仕事をしているのにできるのかな?
会合のペースはどれくらい?
どの時間帯に集まるの?
など、PTAにまつわる不安は多くあることと思います。

細かな事情は学校ごとに異なりますから
先輩ママとつながりを持って、事前に情報を得ておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?
みんなが進んでやろうとはしない仕事を
自分がやるかも!?となったら焦りますよね。

確かに、PTA本部役員の仕事は責任が伴いますが
学校のことを知る機会になったり、仲の良いママ友ができたりと
プラスになる面もあるようですよ。

どうしてもPTAの本部役員をできない理由がある年は仕方がありませんが
引き受けることになったら、マイナスに捉えず子供のためと思って
楽しみを見つけながら仕事ができると良いですよね。

こんな記事も読まれてます

-育児子育て

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.