気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

年間行事

奥手男子のホワイトデーには期待してはいけない?!その理由とは?

投稿日:

バレンタインデーにチョコを買ったり、作ったりするという女性はおおいですよね。

特に最近は、バレンタインデーが近くなると、たくさんのチョコレートについて、情報収集にも余念がなくなってきました。

美味しくてゴージャスでそして意中の彼に、彼氏に喜んでもらうものを選んでいます。

バレンタインデーにチョコをプレゼントしたら、一ヶ月後のホワイトデーが、気になりますよね。

社内で配るバラマキチョコとか、義理チョコなら、まあ何かお返ししてくれたらラッキーかな、という気持ちでいるでしょうが、思いを寄せている相手だったら必然的にソワソワしてしまうものです。

でも、なかなか気持ちが読めない男性も、いますよね。それが、いわゆる草食系男子

もうちょっと感情を表にだしてくれたらいいのに、とか、積極的になってくれたらいいのにと思うところ。シャイなところは可愛らしくも感じるけれど、もう少しわかりやすいといいのに、と、思えてしまいますよね。

特に、ホワイトデーの、ようなイベントごとについて、奥手男子にはどうしていいのかわからない。また相手の女性にとってはどんな、考えなのか理解できないということがありますよね。

この奥手男子の心理、どう読み取ったらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

奥手男子は深読みする?

では、奥手男子とはそもそもどんな特徴があるのでしょうか?

奥手男子は、真面目でおとなしい。

ますはこれがいえるかも。基本的に真面目な性格の人が多く、約束もきちんと守るし、ウソもつかないし、危ない橋は渡らないタイプといえるでしょう。真面目なうえに慎重に物事を考えます。

真面目な平和主義、というところでしょうか。

この事が、ホワイトデーなどのイベントになると、考え過ぎてしまう要因になるようですね。こういう男性は、口下手で、うまく自分を表現できなくて、本人は本当はもどかしく思っているかも。

頭の中で、きちんと整理をしてから話す傾向があるので、それがうまく組み立てられないと、好きな女性にも恥ずかしくなって思いも伝えられなくなってしまうのです。

そんなシャイな男性ですから、恋愛についても、女性にどういう風に接してよいかわからす、駆け引きするのが苦手です。

本当はもっとうまく好きな人にはアプローチしたいけれど、慎重にしてしまうがあまり、考え過ぎてしまう傾向があります。

こう言ったらだめかな、とか、こうしてもうまくいかないかな、など、先まで深読みしてしまい、なかなか前へ進むことができないでいるのです。

そんな草食、奥手男子ですから、女性が待っていては何も進展しないことに。女性のほうからアプローチ、リードしていくようにするといいですね

とは言っても、女性のはうから、ガンガン話してしまうと、相手を焦らせてしまうので、ほどよいテンポで、相手が心地よく話せるように持っていきましょう。

決して押しすぎず、また引いたままだと戻ってこなくなってしまうので、ペースが肝心。なんだか面倒くさいと思ってしまえばそれまでなので、そんな奥手男子を好きになってしまったら、そのように対応していくしかないかもしれませんね。

でも、奥手男子は絶対的に優しい人が多いです。

好きになってくらたら、不器用でもとことん大切にしてくれますよ。では奥手男子に送ったバレンタインデーのプレゼント。お返しをくるのか、くれないのか?どう思っていてくれているのか、ホワイトデーで結論を出したいところ。

スポンサーリンク

お返しがあれば脈あり?

ではチョコレートを上げた奥手男子のホワイトデーのお返し事情です。基本的に、マメな男性はホワイトデーになんらかのお返しを心がけています。

本命の彼女へはもちろん、たとえ義理チョコでも、きちんとお返ししてくれる方も多いです。たとえ貸し借りなし、的な意味であっても、こういった気が効いた男性は爽やかでいいですよね。

奥手男子ももちろん、お返しに関しても敏感になっています。特に、好意を持っている女性へはきちんとお返ししたいと思っているはず。

そしてお返しで、自分の気持ちを伝えようとします。

お返しが、話題のスイーツや、まるで倍返しくらいの高級スイーツ、またお菓子の他にハンカチやなにか添えてプレゼントしてくれたのだとしたら、これは脈ありとみていいでしょう。

けっして値段ではありませんが、いいものを選んで思いをアピールするという意気込みが感じらますね。ありがたく気持ちをうけとっていいと思います。

でも、思ってはいても、なかなか踏み切れない奥手男子もいます。

女性からすれば、こんなに自分の気持ちを伝える事ができる絶好のチャンスなのに、と思ってしまいますが、奥手男子の特徴である、深読みしすぎがアダになってしまうのです。

こういう男性には、前もってホワイトデーをほのめかし、かるくアピールしておきましょう。あげたチョコおいしかった?とか、もうすぐホワイトデーだね、とかちょっと露骨にいってみたほうが、後押しになるです。

本当に好きな人には、思い切ってプレゼントしても大丈夫だな、と思わせるのです。自信をもってもらえればあとはまつだけです。

ステキなホワイトデーに

いかがでしたか?

なかなか踏み切れない奥手男子。でも女性のほうから上手にアプローチしていけば、きっとうまくいくはずです。

中身は優しくて、勉強熱心で自分をキチンともっている男性。

ステキな思い出に残るホワイトデーになるといいですね。

こんな記事も読まれてます

-年間行事
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.