気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

年間行事

ホワイトデーのお返しがない職場!渡すだけ損?

投稿日:

バレンタインデーはもともと、女性が意中の男性にチョコレートを渡して告白するというのが、日本での始まりですね。

でも今や、自分のために特別なチョコレートを買ったり、女性同士でおくりあったり、友チョコ、義理チョコと様々に多様化してきています。

それはそれで楽しいイベントとして、またバレンタインデーは一年のうちでも大きな行事として受け入れられているものですよね。職場では義理チョコというのが一般的と言えるのかもしれません。

でも、会社によっては、義理チョコ禁止となっているところもあるようです。これは、お返ししたりすることの手間や、経済的な負担も考えてという理由が多いようです。

確かに、面倒だなと思っている女性たちは多いかと思います。

実際、私の友人の中には最近になってバレンタインデーに義理チョコを送るのをやめましょう、と決まって、ホッとしたといっていました。形式的に渡しても、楽しくないかもしれません。

また、受け取る方も、なんだかギリだったらわざわざもらわなくてもいいよ、という方も多いようです。

でも、中にはなんでもいいから欲しい、と思う方もいるようですけどね。

職場で渡す習慣がある場合、女性社員でお金を出し合って渡すというのが一般的なようですね。なるべく負担したくないということから、小分けにされたものや、みんなでとって食べられるものを選ぶとちょっとの金額ですみます。

バレンタインデーの時期になると、本命チョコはもちろん、義理チョコ用のちょっとしたものがたくさん売られているので選びやすいかもしれません。

また究極的に、チロルチョコとか、ブラックサンダーを渡すという方も。

何もないよりはいいよね、義理チョコなのだから、義理とわかりやすいものを選んで丁度いいはず、という考えからかもしれません。

ホワイトデーを返さない男!男性側の心理とは?
所要時間: 450

バレンタインデーは日本では一大イベントのひとつ。 ほとんどの女性は、チョコレートを買ったり、また自分で作ったりして、このイベントを楽しんでいますよね。 渡す相手は本命はもちろん、男ともだち、お仕事でお ...

そして、バレンタインデーがあればホワイトデーがあるというのが日本の習慣。ホワイトデーはいわゆるお返しの日です。

女性の中では、特に職場では、ホワイトデーのお返しはあまり気にしていないという方が意外と多いようです。でもその一方で、何かをもらったらお返しするのが当然でしょう、という考えの方も同じように多いのです。

確かにどちらの気持ちもわかります。

どうせ義理チョコだし、大したものを渡したわけではないので期待してもしょうがないな、という考えの方と、どんな場合でも何かお返しすることは大切と思う方も。渡すだけ損と思ってしまいます。いっそのこと、この習慣がなくなればいいのに、となってしまいますよね。

スポンサーリンク

職場でバレンタインのチョコを渡す意味は?

そもそも、職場でバレンタインのチョコを渡すことに意味があるのでしょうか?

たとえギリでも送ることによって何か意味はあるはずです。職場では、コミュニケーションを円滑にするためにプレゼントすると考えるといいでしょう。

一緒に仕事をする以上、仲良くしたいものですよね。その方が、仕事の効率もぐっと上がるものです。

例えば職場の上司が気に入らない、同僚が嫌いというチームだったらそれだけで仕事も憂鬱になるし、お互いいつも粗探しをしているようで雰囲気は良くないもの。

でもそこまでではないという状態なら、義理チョコのを送るのも悪くないかもしれません。義理だからという前提のものでも、男性社員の意識を上げてくれるものになるはず。上手にこの機会を活用して渡すようにしてみましょう。

 

そしてホワイトデーです。男性社員としては、女性社員のバレンタインデーの時と同じような感情、義理でもらったものなのに返す必要があるのかとか、面倒だしなど、いっそのことホワイトデーが週末だったらお返しもスルーできるのになんて考えたりしていませんか?

でも、ホワイトデーは男性社員にとっては、できる男をアピールできるいい機会です。大人の配慮で、やはり何かをお返しするのが礼儀です。

そして、確実に女性社員の仕事のモチベーションも上げてくれるでしょう。女性社員としては、決して高価なものをお返しに期待しているのではなく、ちょっとした気遣いが嬉しいのです。

それに女性はこういった気遣いができる人、男性社員を意外と厳しく評価しています。ここで株を上げるつもりで、スルーするのは避けた方が無難です。

お互いに円滑に、そしてコミュニケーションを高めるためのイベントとして取り入れるようにすると職場の雰囲気も盛り上がるはずです。

スポンサーリンク

上手な渡し方とは?

バレンタインデーには、社員でお金を出し合って買うのが一番です。小分けになっているものが、渡しやすくおすすめです。もし当日出張どでいない社員がいたら後から渡すこともできますね。値段は男女の比率や人数によっても変わりますが、そんなに高いものを選ばなくて十分です。

渡すときには、「いつもありがとうございます。」とか、「お疲れ様です。」と一言つ加えて労いましょう。この一言で、モチベーションも格段にアップします。

円滑に仕事をする上で大切かも

どちらにとっても面倒だしお金もかかるしと思うと肝引けてしまいますが、長い目で見て職場のいい雰囲気作りのためにはいい機会かと個人的には思います。せっかくあるバレンタインデー、ホワイトデーを上手に利用しましょう。

こんな記事も読まれてます

-年間行事
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.