気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

健康

ウォーキングはいつがいい? 食前と食後で確実に差が付く!?

投稿日:2019年7月13日 更新日:

夏になる前にほっそりウエストを手に入れたい!
水着が似合う体形になりたい!
でも、ジムに通う時間の余裕はないし…

そんな忙しいあなた!
手軽にウォーキングから始めてみませんか?
効果的にウォーキングすることで、
立派なダイエットにつながります。
食後ではなく、「食前」に行うことがポイントです!

私もいまウォーキングダイエットをしていますが、
3カ月経ったいま、じわじわ効果が出てきていますよ。
ウォーキングによって基礎体温が上がってきており、
冷え性改善と太りにくい体質になりつつあると実感しています。

あなたも早くウォーキングを始めてみましょう!

ウォーキングの前に栄養をとる必要はない!?

ウォーキング前にどんな準備をしたらいいのだろう?
歩きやすい服装に着替えて、ウォーキングシューズも準備。
軽くストレッチしてから…
あれ?何か口に含んだ方がいいのかな?!

ウォーキング前にご飯を食べる必要はありません。
ウォーキング前は栄養ではなく、
「水分」は必ず補給しておくようにしてください。
コップ一杯分の水でOKです。
ウォーキングすることによって、体の中の血流がよくなります。
そのときに水分が体内にないと、
スムーズに流れがよくなりません。

血行をよくすることで、基礎代謝が上がります。
基礎代謝は、わたしたちの体を動かしてくれる
基礎エネルギーのことです。

基礎代謝を上げることが、ダイエットにつながります。

「基礎代謝UP=基礎体温UP」
基礎体温を上げることは冷え性対策にもつながり、
特に女性にとっては嬉しいですね。
ただ、ウォーキング前にとっても空腹で
耐えられないくらいであれば、
栄養を取ってからウォーキングする必要があります。
あまりの空腹だと低血糖状態となり、
歩き始めてからめまいがしたり、体に不調をきたします。

でも、ウォーキングの直前に
固形物を取ることはオススメしません。
固形物を食べるのであれば、
ウォーキングをはじめるのは
食後1時間経ってからにしてください。

ウォーキング直前に口に含むのであれば、
栄養補給できるゼリー飲料や
野菜ジュースなどが適しています。

ウォーキングは絶対食前がいい2つの理由!

食前のウォーキングが
ダイエットに効果的な理由が2つあります。

脂質を減らすことができる
食前の空腹時は、糖質が消費されている状態です。
その状態で、次に体内で消費されるのは脂質です。
ダイエットするには、この脂質を減らす必要があります。
そのため、食前がベストタイミングなのですね。

食べ過ぎ防止につながる
自律神経は、交感神経と副交感神経から成ります。
空腹は副交感神経が優位なときに感じやすいのですが、
ウォーキングすることで交感神経が優位になります。
そのおかげで空腹を感じにくくなり、
ウォーキング後の食べ過ぎ防止になります。

まとめ

どうせウォーキングを始めるなら、効果的に進めたいですよね。

ウォーキングは、食前に水分補給をしてから行いましょう。
ダイエットのためであれば、20分以上は歩くようにしましょう。
脂肪を燃焼しはじめるのに最低でもかかる時間です。
ウォーキングするときは目線を先に、
少し早歩きするイメージで歩いてください。
また、ウォーキングに慣れてきたら、
腹式呼吸を取り入れることでお腹痩せ効果につながりますよ。

楽しくウォーキングをして、
理想の自分を手に入れましょう!

こんな記事も読まれてます

-健康

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.