気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

その他

真夏はタオルケットじゃ暑い?

投稿日:2019年8月3日 更新日:

涼しいかなと思って夏はタオルケットを愛用していたけど、

なんだか暑くて寝苦しいかも…
でも毛布だと余計暑いし…。

そんな葛藤をしたことはありませんか?

暑い夏はタオルケットで乗り越えたいものです。

今回はタオルケットとの上手な付き合い方を考えていきましょう。

タオルケットが暑いと感じてしまうのはこんな理由があった!

タオルケットは日本で生まれたものなので、
日本の気候に合わせて作られています。

扇風機の風との相性も良いようです。

暑がりの人や、体温がもともと高い人…子どもにも
掛布団として軽く通気性の良いタオルケットは適しているといいます。

それゆえに、快適に過ごせるはずなのですが…。

なぜか暑くて寝苦しくて、調べているうちに、
の記事へたどり着いたことだと思います。

夏場にピッタリだというから
タオルケットに変えたのに、これでは本末転倒です。

どうしてこうも暑くなるのでしょうか?

実は、タオルケットは素材によって、だいぶ差がでます。

タオルケットに多い素材の混紡(ポリエステル+綿)は、
掛布団のように使った場合
熱がこもりやすく通気性が悪いと言われています。

では、どのような素材が適しているのでしょうか?

快適な夏の夜はタオルケットの選び方から!?

寝具は、リラックスする時間に使うものですから、
肌ざわりで選ぶ人がほとんどだと思います。

ですが、いくら肌触りが良くても、
寝苦しいとなれば話は別ですよね。

夏にいちばんピッタリなのタオルケットの素材は、
「麻」だといいます。

は放湿性にかなり優れていて、涼しく眠れます。

しかし、「麻」のタオルケットの中には、
少しチクチクするものもあるらしく、
肌が弱い人はかぶれてしまうおそれもあります。

「麻」は人を選ぶようです。

最近では、コットンやガーゼといった、
柔らかく軽い素材が人気なようです。

ガーゼはとくに、洗うたびに生地が柔らかくなり、
極上の肌ざわりが楽しめます。

保温にも優れ、季節を問わず使用できることも人気の秘訣です。

「タオルケットは暑い」という声が目立ってきたからか、
今では夏使用の「冷感タオルケット」も販売されています。

どうしても暑いけどエアコンに頼りたくない、扇風機の風がいい!
という方は、チェックしてみてもいいかもしれません。

タオルケットと良い付き合いを!

タオルケットの利点は、なんといっても汗をかいても
すぐに洗濯できることですよね。

その分タオル地の劣化は早まりますし、
買い替えの必要も出てきますが
寝床を清潔に保てるのは素晴らしいですよね。

買ったばかりのタオルは、必ず洗ってから使いましょう。

ちなみに洗濯するときはネットに入れて洗うと長持ちしますよ。

試行錯誤していろいろなタオルケットを試して、
自分にピッタリなタオルケットが見つかるといいですね!

こんな記事も読まれてます

-その他

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.