気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

その他

「共働きでもアイロンくらいかけられるよね?」 旦那にイライラ…

投稿日:2019年8月13日 更新日:

アイロンがけが女性の仕事なんて、誰が決めたのでしょうか。

アイロンは女性がすること、と思っている男性が
世の中に多すぎる気がします。

「アイロンかかっているシャツ、ないんだけど」
なんて言われたときにはイライラマックスですね。

専業主婦ならまだしも、
共働きであれば仕事で疲れているのは同じです。

家事に割ける時間も同じです。

それなのに「女性がアイロンをかけるのが当たり前」に
なっているのは、女性からしたら腹立たしいですね。

私も疲れているのにアイロンかけないとダメなの?

アイロンを女性がかけなればいけないという
ルールは存在しません。

もちろん他の家事だってそうです。

夫婦、家族なので助け合って平等に家事をこなすべきです。

夫婦でそれぞれ得意なことを
役割としてもっておくとスムーズにいきます。

現に私の家族がそうでした。

母はおおざっぱな性格からかアイロンがけが苦手で、
父は反対に几帳面だったのでアイロンがけが得意でした。

なので、自然と父は自分で自分のシャツを
アイロンがけしていました。

そういう風に、めいめいができることをすることで
快適に生活することができます。

あなたがアイロンがけについて不満を持っているのであれば
夫に相談してみてください。

きっとあなたはアイロンがけ以外にも
家事分担について不満を持っているはずです。

「あなたはどういう家事だったらできそう?」
と尋ねてみてください。

ここで「何で私ばっかりなの!」
「何で何もしてくれないの!」なんて
声を荒げてしまったらうまくいきません。

ぐっと我慢して「何ができそうかな?」
と聞いてみてください。

はなから「アイロンがけ=女性の仕事」
と思っている男性に対してはこういう聞き方の方が
聞く耳を持ってくれると思います。

アイロンかけたくないと思っている私はダメな女?

アイロンは割と時間が取られる家事なので
面倒なのはすごくわかります。

かけたくないと思う自分を責めないでください。

相談した結果、やはりあなたがアイロンがけ担当に
なったら「工夫」をしたらいいのです。

私も共働きのときからアイロンがけ担当だったのですが、
平日に毎日アイロンをかける余裕がなかったので、
シャツを買い込みました。

1週間分のシャツを準備しておくと
休日にまとめてアイロンをかけたら週1回で済みます。

また、最近は便利な「形状記憶シャツ」が売っているので
それであればアイロンがけをする必要もありません。

毎日、仕事から帰ってきてから
アイロンがけをするのは煩わしいので

少し工夫してラクにアイロンがけをこなしましょう。

まとめ

アイロンがけが女性の仕事になっている家庭は
多いのではないでしょうか。

でも、必ずしもあなたがする必要はありません。

夫と相談し、アイロンがけ含め
家事全般の役割分担について相談してください。

毎日アイロンがけをするのは大変なので
週1回まとめてかけたり、形状記憶シャツを利用して
ラクにこなすようにしてくださいね。

こんな記事も読まれてます

-その他

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.