気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

掃除洗濯

縮んだ服を元に戻す方法!お気に入りの服なのに誰かなんとかして!

投稿日:2018年2月22日 更新日:

日常欠かせない洗濯。でも時々うっかりミスしてしまうことがありますよね。食べ物やインクをこぼしてできるしみ、そして洗濯の時に起こってしまいがちです。

洗濯の大きなミスと言ったら、縮んだり、伸びたりすることでしょう。せっかくのお気に入りアイテムなのに、そうなったしまったらショックですよね。

しかも、お気に入りだからこそ自分で丁寧に洗ったつもりだたのに縮んでしまったりすると、落胆も尚更です。

服を洗濯して縮んだりするのには、もちろん原因があります。

そして縮みを防いだり、縮んでしまったものを元に戻すには、素材の違いによって気をつけなければならない点があります。

このことをしっかりと覚えておけば失敗しない洗濯ができるのです。一度縮んでしまったものでも、また戻せるなら、元どおりにして着たいものですよね。

今回は、縮んでしまった服、特に綿素材の縮みを元に戻す方法をご紹介いたします。

自宅に縮んでしまったお気に入りアイテムが眠っていう方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。また復活させましょう。

スポンサーリンク

綿素材の服が縮む原因

縮みやすい素材と言って思いつくのが、ウール、カシミヤなどの毛の素材のものですが、綿(コットン)も縮んだりするのです。

コットン素材は、肌触りの良さと丈夫さから、様々なものが使われているおなじみの素材。

シャツ、Tシャツ、タオルなど、挙げたらきりがないほど様々なものがありますね。コットン素材のものは、誰もが使ったり、身につけたり、とても愛着のある素材と言えるでしょう。

その丈夫な綿素材、縮みとは無縁のような気がするのですが、縮むこともあるのです。

それは、綿を使った製品には、強い力で引っ張るということを、製造過程のなかでしていきます。このことによって、元に戻ろうとする力が発生するのです。そして吸水性が良いので、洗濯をする時に、縮まった状態のまま乾いてしまうことにより、小さくなってしまうというのが綿製品が縮む原因。

綿製品は乾く時に縮みやすいということです。

例えば、乾かす時に乾燥機を使用してしまうと、急速に乾くので一層縮みやすくなります。この現象を膨潤収縮と呼びます。

では、縮まないように洗濯をするにはどういったことを抑えていけば良いでしょうか?

ポイントは乾かす時です。

洗濯は通常通り、洗濯機を使って洗います。

綿製品は丈夫なので、このときもドライコースにして洗う必要はありません。

ただ日、洗濯時にに他の衣類と一緒に洗うときは、絡んでしまうと縮みやすくなるので、洗濯ネットに入れて洗いましょう。その方が洗濯が終わった後も取り出しやすく、干しやすくなりますね。

そして干し方ですが、通常通り、ハンガーにかけて干します。

このときは陰干しして、縮まないようにします。干す時も、程よくシワにならないように引っ張りながらハンガーにかけて干すと綺麗に仕上がりますね。これで日常の洗濯は大丈夫です。

スポンサーリンク

元に戻す方法

では、お気に入りの綿製品が縮んでしまった場合の元に戻す方法です。

繊維の網目が詰まることで起こるのが衣類の縮み。

これをうまく解いていくことが、縮んでいるものを戻すポイントになります。

  1. 洗濯したものを干す前に、ダンボールか厚紙を用意します。
  2. これを伸ばしたい大きさに切って行きます。
  3. 切った型紙の上に、服をかぶせて、洗濯バサミでしっかりと固定し干します。
  4. 干すときは、先ほど紹介したように陰干しにします。

これで元に戻るかと思います。型紙さえ用意をすれば大丈夫ですね。

また、柔軟剤を使って縮みを戻すという方法もあります。

この方法は、まず、ぬるま湯と柔軟剤を少量まぜた衣服を洗面器に入れます。

十分浸したして、縮んでいた部分を引っ張りながら伸ばします。そして日陰で平干しをします。この時、ハンガーにかけて干しても大丈夫です。

乾いたらアイロンをかけますが、この時に1センチくらい浮かせながらかけていき、綺麗に形を整えていきましょう。これで元に戻るはずです。

どちらかの方法で試してみると良いですね。また綿100%のものなら、着ているうちに元に戻るということもあります。綿の素材は、毛の素材の縮みよりも元に戻りやすいようです。

きちんと洗っておしゃれに着こなしましょう

せっかくのお気に入りのアイテムが縮んでしまったら残念ですし、縮むのが怖くてなかなか洗えない、ヘビロテしたくてもなんども洗いたくないので着れないという服があったりしませんか?

クリーニングに毎回だすのも不経済ですし。せっかくおしゃれを楽しみたいのに、洗った後のことを考えるのは勿体無いですよね。

これを機会にお洗濯を楽しんで、素敵に着こなしてみましょう。自分で洗ったもの、洗濯した衣類の香りにはやっぱり癒されますよね。

自分で洗ったらより一層、服にも愛着が湧くものです。お気に入りをいつまでも大切に着こなしながらファッションを楽しんでみませんか?

こんな記事も読まれてます

-掃除洗濯

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.