気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

友人が台風の被害に?心配だからメールを送りたい!?

投稿日:

ゲリラ豪雨など異常気象による災害が年々増え続けています。天気の安定しない夏から秋にかけて台風もその一つの大きな要因です。

台風による強風や大雨によって土砂崩れや、河川の土石流によって人の命まで奪い去ってしまいます。

また、畑やビニールハウスの破損による野菜価格の高騰なども起こっています。

もし、友人が住んでいるところで台風などにより被害がでた場合、とても心配になりますよね。

そこで今回は、台風の被害にあった友人にお見舞いのメールを送りたいが、どの様にすればいいのか分からない時のためにお見舞いメールなどのマナーうあ文例を簡単にご紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

ご迷惑にならないお見舞いメールの送り方!?

親族や友人など、親しい人は台風など被害にあった場合、できるだけ早く駆け付けてあげるのが何よりのお見舞いになると思います。

しかし、遠方などが理由で現地へ行けない場合はメールや手紙、可能であれば電話などで連絡することになるかと思います。

例えば、友人の住んでいる地域で台風などの被害にあった場合に、どの様な対応をすればいいのでしょうか?

今はスマホなどの普及によって連絡のやり取りや、いろいろな情報を知ることが出来る時代です。

友人が住んでいる所で天災による被害が起きたら?

災害で友人の住んでいる所が被害にあっている事が分かった場合、できるだけの援助をしてあげたいものですよね。

まず心配になったら、安否の確認になると思います。場合によって、被害地の状況が分からないというようなことも出てきます。

被害があったと思われるときは、テレビやラジオ、被災地の役所などで確認をして情報を集めます。

最近は、スマホや携帯電話があるので便利なのですが、すぐに電話やメールで連絡すると、回線が混雑して繋がらない可能性もあるので、過信しない事をおすすめします。

被災した友人にメールは送ってもいいの?

メールを送ることは決して間違いではありませんが、上記でもお伝えしたように過信には気を付けて下さいね。

状況の確認をして把握して、すぐに駆け付けられない場合は、簡単なお見舞い状のメールをだしておきましょう。

中にはメッセージを送ると不快と感じてしまう方もおられるようなので、気を付けることを心がけましょう。

次にメールにてお見舞いをするときの文例(送り方)をご紹介させていただきます。

 メールにてお見舞いを送る時の文例

いざ友人が住んでいる所で被害が起きた場合、迷惑にならないような形でメールを送ればいいのか分からないと思います。では、メールでの文例を取り上げていきましょう。

件名:①台風の被害、心からお見舞い申し上げます。②早く復旧できるように祈ります。

 

○○さんへ/君へ

(自分の名前)です。/でございます。

(昨日/昨夜など)の台風が(友人の名前)の住んでいる所に直撃して、かなり被害にあったみたい(ですけど/だけど)、(友人の名前)の家は大丈夫(だった?/でしたか?)

 

もし、何か、(自分/私/僕/俺)にできることがあるなら、遠慮なく言って(くれ/くださいね)。

 

(友人の名前)の家がかなりの被害を受けたようなので復旧は大変ですが、一日も早く平穏な生活を送れるように心から祈って(るよ/います)。

 

いろいろと大変だと(思うけど/思いますが)、(私/僕/俺)も応援して(いるよ/います)。

 

取り急ぎ、お見舞いまで。

この様に簡潔に送るといいでしょう。メールでメッセージを送る時はぜひ、ご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

相手を不快にさせない心遣いとは?

今までの生活のなかで、自分はそのつもりではなくても、相手には「不快だ」と思わせてしまったこともあるかと思います。

また、災害による被害を受けたような場合などは、特にデリケートな問題なので気を付けたいですよね。

ではもう一度、「心遣いとは?」を考えていきたいと思います。

心遣いを辞書で調べてみた

心遣いを辞書で調べてみました。

①     あれこれと気を配ること。心配り。配慮。「温かい心遣い」

②     祝儀。心付け。

まずは意味をご参考に

この様に私は様々な場面で心配りが無かったなぁと思うようなことがありましたね。

 災害による被害を受けた場合の心遣いとは?

友人の環境などにもよりますが、速やかにお見舞いのメールを送ります。

次に、距離が近い場合は避難して休憩ができるように部屋を提供したり、子供がいる場合は預かったりなどして先方の状況や希望を配慮して、臨機応変に対応してあげることを心掛けたることをすすめます。

災害は予期できないもので、「肉親」「近親者」「友人(知人)」の不幸や家屋の消失などで、被災者の精神的ダメージは計り知れないものです。

お見舞いでの席やメールではあまりたちいったことを聞くのは避けるようにし、立ち直るために手を貸すという姿勢が一番の心遣い」になることだと思います。

被害状況に応じた見舞品を送るのも一つの心遣いだと思います。

次に一例ですが、災害見舞品の紹介をします。

災害見舞品の一例

種類 名称
食品 飲料水、インスタント食品、レトルト食品、缶詰類etc.
衣料品・衛生品 救急箱(消毒薬、ガーゼ、包帯、ばんそうこう、風邪薬、胃腸薬、ハサミ)、生理用品、洗面用具、石鹸、シャンプー、リンスなど…
衣料品 毛布、下着、靴下、タオルetc.
その他 コンロ、食器類、ティッシュペーパー、軍手、ひも、ライター、懐中電灯、電池、筆記用具などetc.

ほんの一例ですので、いろいろな状況によって変わるので、できれば先方の要望を聞いてみるのも一つの方法かもしれませんね。基本的に災害見舞いにはお返しはありませんので。

まとめ

いかがでしたか?

知人など宅で災害による被害があった場合にどの様に連絡をしたらいいのか、どの様に心遣いすればいいのか分からないと思います。

ぜひ、この記事を読んでいただいて参考にしていただければ幸いです。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-,

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.