気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

七五三

一生の思い出!七五三の失敗談を教えて!

投稿日:2018年7月12日 更新日:

もうすぐ七五三。

今から準備をしているというママも多いのではないでしょうか?

七五三は、子供が3歳、5歳、7歳になる年に子供の成長と、

無事に育ってきたことをお祝いするというイベント。

家族で行なう行事ですね。通常、数え歳で行いますが、

最近は満年齢で行うことも多いようです。

3歳の七五三なら2歳のうちに

行うことになるとまだ小さすぎるためです。

数えで行うか、満年齢で行うかは

そのご家庭で決めることが多いですね。

 

七五三には、神社にお参りに行くというのが一般的ですが、

お参りの他に、家族で写真を撮るというご家庭も多いようです。

七五三のいい思い出にもなりますし、

写真屋さんで家族みんなが揃った写真を

プロに撮ってもらうのも楽しいもの。

最近は七五三用のドレスや着物、

袴など着替えられる服のラインナップもたくさんあって

お子さんより親御さんの方が子供のために

一生懸命選んだり、着飾ったりしているようですね。

七五三は、絶対にこの日でないといけない、

とか決まった日程がないもの。

神社へのお参りも、いつ行っても大丈夫なのです。

10月から11月の間にお参りをするということを

頭に入れておけばいいのです。

なので、スケジュールが組みやすいということも

七五三の嬉しいところ。

 

七五三のお参りにほとんどの方が

神社へ行くと思いますがどんなことをするのか、

どんなものを用意するべきなのか気になりますよね。

 

子供の成長をお祝いする大切な行事。

きちんとした形で行いたいとご家族としては思うもの。

七五三の時の神社へのお参りも

特にこういった形という決まりはありません。

一般的なお参りと一緒で、神社へ行って、

お賽銭にお金を入れて、お祈りをするというもの。

 

もしくは、本格的に御祈願、参拝を神社に

お願いすることもできます。

この場合は、前もって神社に申し込めば

受け付けてくれるのです。

神社によっては早めに予約が必要なとことろ、

また日程によっては、予約はしなくても

大丈夫というところもあるので、

いきたい神社に確認してみるといいですね。

神社のホームページでは詳しく

説明されているので確認してみましょう。

11月15日前後は特に混み合うので、

予約の有無については確認をしておきましょう。

そして、御祈願をお願いする場合は、

特別なお参りになるのでお金を用意します。

では一体いくらなのかというと、

一般的なお参り程度で、5000円から30000円の間くらいです。

金額が多いほど御祈願内容が豪華になるそうです。

 

 

お参りの日は、11月15日に行こう、というご家族が多いので、

混んでいるのが嫌だなと思う方は

日程をずらすことをお勧めします。

その方が、写真を撮ったりゆっくりできますよね。

また混み合う場所では、お子さんには着物を着せたりするので

ちょっと窮屈に思ったり疲れてしまいます。

その意味でも15日にこだわらなくてもいいと思います。

御祈願をお願いするときも、予約がしやすいですよ。

 

その七五三。

お子さんが初めての七五三だったら、

親としてもとても緊張しますよね。

段取りについて、写真撮影についてなど。

特に写真については、

予算的にも結構なお値段がかかるということだけでなく、

完璧な写真で素敵な思い出になるものを

撮ってもらいたいですし、そのためにどんな準備が必要なのか、

どんな失敗、間違いが予想されるのか

事前に知っておきたいですよね。

そこで七五三のお参り、写真撮影についての失敗談をあげてみました。

 

「3歳だったので、着付けや髪の毛のセット、足袋や草履を嫌がり大変だった。3着撮影しようとしたが2着で泣き出してしまって3着目は撮影出来なかった」

「3歳の娘が、髪の毛を綺麗にセットしてもらった後に、髪の毛を触り、乱れてしまって大変でした」

「スタジオで衣装を何度か変えてポーズをとりましたが、子どもが飽きてしまって、親の思うような写真は難しかったです」

「長時間なので、下の子が飽きて大変だった。夕方の時間に撮影したときは、疲れて最後には眠くなってしまって、本人のテンションをあげるのが大変だった」

など、まだお子さんが小さいと

特にぐずって大変なようですね。

 

そしてお参りでの失敗談は、

「日にちを決めて行ったが、天候が悪かった。娘たちは濡れないように素早く動きたかったが、祖父が長女にピッタリくっついていたため動けなかった」

「お参り当日、雪が降って衣装が汚れてしまった。当日に限ってグズついた」

「片方の祖父母が遠方でスケジュール調整が大変だった。また食事のあとの支払いについても、あらかじめ決めておけばよかった」

天候によって着物を汚してしまったなどが多いようです。

これだけはしてはいけない事教えます!

七五三について失敗談をあげてみましたが、

ぐずったり、予想もしないことが起こったりするもの。

ある程度はこんなことも起こりうるということを

覚えておくといいですね。

七五三の準備をするにあたって、

事前に計画をしておくことは大切です。

行き当たりばったりにならないようにしましょう。

  • 神社の予約が必要だった
  • 写真館が予約でいっぱいだった
  • 遠方に住んでいるご両親の宿泊先や交通の手配ができなかった
  • 食事をどうするか

などはあらかじめ確認します。

特に写真については、前撮りするにしても当日取るにしても、

一番いい日を決めておきましょう。

七五三には主役の体調管理も大事!

そして七五三はお子さんが主役。

体調管理をしっかりして元気な姿で

晴れの日を迎えることができるようにケアをしてあげましょう。

そしてもちろん自分たちの体調管理も大切。

みんなで元気な笑顔で素敵な1日を、

そして記念に残る写真を撮れるように準備をしておきたいですね。

こんな記事も読まれてます

-七五三

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.