気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

しめ縄リースを作りたいので調べている

投稿日:2018年11月4日 更新日:

お正月が近くなると、「しめ縄やしめ飾り」を買う家庭は今でも多いと思います。

最近は、このしめ飾りを手作りするのが流行っていて、「しめ縄リース」などと呼んでいます。

しめ飾りは、縁起物なのでお店で買うと値段が高いというのもありますし、なんとなく今どきのおしゃれな玄関にしっくりこないと思うのです。

クリスマスもハロウィンも手作りでお祝いするのですから、自然とお正月も手作りで、と考える人がいるんでしょうね。

あなたも、この「しめ縄リース」を手作りしたいと思いませんか?

しめ縄リースを作って見よう!100均の材料で簡単ハンドメイド!

イメージは、クリスマスに飾るリースをしめ縄風の縄に変え、お正月っぽい装飾をした感じですね。

もっと手間をかけてみたいなら、園芸用の藁を買ってきて、叩いて縄をなうところからやるのもいいかと思います。

縄をなえる人が今どきいないと思いますが、動画などで探すとやり方が出てたりします。

100均には、可愛らしく作った完成品のしめ縄が売っているので、それをベースに使って自分らしく装飾をしていってもいいですね。

その場合、ベースになる輪っかの部分を残して、その輪っかの周りを水引や造花で飾っていきます。

造花を選ぶとき、南天や松、梅などを入れると、お正月らしくなりますね。

花や枝だけでなく、扇子や丸玉のお正月飾りなども入れると豪華になります。

必要な道具は、グル―ガンとグルースティック、これはプラスチックでも金属でも、木や布でも接着できるので、手芸には使いやすいのです。

あとは、針金やニッパー、マスキングテープなどがあると作りやすいかもしれません。

これらの材料、道具などは、すべて100均で購入できるのですから驚きです。

一通りそろえたらしめ縄リースが二つくらいできると思いますから、コスパもいいですね。

お正月までに作りたい!おしゃれなしめ縄リースが簡単にできる!

100均にこだわらず、もう少し高級感のある、素敵なしめ縄リースを手作りしたい人は、しめ飾りの手作りキットを買って作る方法もあります。

楽天市場やアマゾンでも買えます。

価格は、2000円から6000円くらいまで幅があります。

100均で買える材料で作ったしめ縄リースでは、お花が造花でしたが、キットの方は、プリザーブドフラワーといって生花を加工したものを使っていて、高級感があります。

また組みひもやシルクのリボンを使っているキットもあります。

手作りキットの完成品はサイズも大きく、立派に見えますね。

注意したい点は、プリザーブドフラワーは造花より壊れやすいので加工には注意が必要です。

今年は100均の材料で作ってみて、もし物足りなかったら、来年は手作りキットを買ってみてもいいでしょう。

そしてもしも、上手く作れなかったら・・・

手作り風のしめ縄リースを通販で購入できます。

手作りキットと値段は変わらないので、もし自信がなかったら検討してみてもいいかもしれませんね。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.