気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

洗濯で縮んだセーターを伸ばすのにリンスがいいってホント!?

投稿日:

冬の終わりに、そして汚れてしまった時のセーターはどのように洗濯していますか?

クリーニングに出したりすることもあるかと思いますが、冬はいろいろな種類のセーター、ニットとデリケートな素材のものを着る機会が多いシーズン。全部クリーニングに出すのは金額もかかってしまいます。

そこで自分で洗濯をするという方も多いでしょう。でもそれでお気に入りのセーターが縮んでしまったということはありませんか?

実は私も何度か経験があります。気に入っていたものや、まだワンシーズン目のものだったりしたら特にショックですよね。

そこで簡単に伸ばせる方法を探していところですが、調べてみるといろいろな方法があるようです。例えばリンスを使うと元に戻るということを聞いたことがありますか?

今回は、洗濯で縮んでしまったセーターの伸ばしかた、そしてリンスを使って伸ばせるの?本当に伸びるの?というところを解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

セーターなどのウール製品が縮む理由

せっかくのお気に入りセーター。洗うとなぜ伸びてしまうのでしょうか?自己流だったから、間違っているやり方だったからというのはわかってはいるものの、そもそもセーターはどうして伸びてしまうのでしょうか?

これは動物繊維の毛糸の作りにあります。

毛糸は髪の毛のキューティクルのような作りになっています。マフラーやセータを洗濯するとき、水を使用しますが、水分を含むと毛糸のキューティクルの部分が開きます。

そして刺激によってすれると、今度は絡まって縮んでしまいます。冷たい水でも大きく広がってしまいますが、熱いお湯でも同様のことが起こります。確かにマフラーやセーターは、洗うと水を含むんでずっしりと重くなり、そして洗うことの刺激によって擦れてますよね。

この二つの要素、水温と刺激が、洗濯をする時に作用し、縮んでしまうのです。

なので、セーターやウール製品を洗うときは、刺激を強くしすぎない、そしてぬるま湯で手際よく洗いすすぐということがポイントになります。

原因がわかったところで、次に縮んでしまったものの戻しかたについてです。

 

スポンサーリンク

リンスでセーターが伸びる!?

縮んだセーターを伸ばすのに「リンス」を使うという方もいるようですが、実はあまり効果がありません。これはリンスに含まれている「アミノシリコン」という成分は、セーターを伸ばすという作用があり、これはクリーニング店でも使われているものですが、市販のリンスに含まれている量は、セーターの縮みを伸ばすほどではないので、さほど効果は感じられないでしょう。

家で使う場合は、ヘアコンディショナーを使うとより効果が期待されます。コンディショナーに含まれている「アモジメチコン」という成分が縮んだ糸を戻し、柔らかく仕上げてくれるという効果が。家庭で使う場合はこちらをお勧めします。

伸ばしかたは

  1. 洗面器にぬるま湯を入れ、それに15グラムほどのヘアートリートメントを入れよくとかします。
  2. そこへ縮んでしまったカーディガンを入れて、押し洗いしながら十分に染み渡らせます。そして30分ほどつけ置きをします。
  3. その後、水気を切り、平らな場所で伸ばしていきます。

この時にスチームアイロンを使って当てながら伸ばしていきましょう。ある程度スチームをかけたら、平らな状態で干すだけです。

これでも完全に元に戻るというほどではないのですが、試してみる価値はありますよ。

仕上がりもコンディショナーのおかげでとてもふんわりします。

 

ヘアーコンディショナーで試してみましょう

いかがでしたか?うっかりセーターを縮ませてしまうことはありがちですよね。

最近洗って失敗してしまったもの、そしてお持ちのセーターで縮んでしまったことでタンスに眠っているものがあったらぜひ試してみてください。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-,

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.