気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

年間行事

来年成人式へ出席する年齢って2018年に何歳になる人!?

投稿日:

来年成人を迎えるかた。お正月が終わるとすぐに成人式ですね。

2018年の成人の日は1月8日(月)です。

もう準備は整っていますか?振袖を着る方、ドレスを着る方、誰と行こうかな?など今からワクワクドキドキしている方も多いかも。一生に一度のこと。気合も入りますよね。

こういった「成人式」というイベントは日本独特のものなのです。日本の伝統に感謝ですね。

ところで成人式に出れる人は何月生まれの人までかわかりますか?いつからいつまで?早生まれの人も?と思ってしまいますよね。

2018年の成人式に参加できるのは、1997年4月2日から1998年4月1日生まれまでの人です。

つまり同級生は参加できます。なので早生まれで成人の日の時点でまだ19歳でもその年の成人式の参加になります。

同級生の子と一緒に行ったり会ったりできますよ!

スポンサーリンク

 

数えで20歳?それとも満20歳?

先ほども触れたように、成人式に参加できるのは、学年の区切りです。

なので、1997年4月2日から1998年4月1日生まれまでの人、数えで、そして満20歳のこの期間に生まれた人が対象です。まだ19歳という方はあまりピンとこない、実感がわかないかもしれませんが、同級生と一緒にお祝いできるわけですから、このくくりがありがたいですね。

 

自治体で違うの?

ところでこの成人式ですが、一般的にはこの成人の日に行うところが多いですが、自治体によって若干違いがあります。

例えば前日の1月7日に行うところや、ゴールデンウィークやお盆期間など、比較的長いお休み期間を利用して行うところも。これは大学や就職で県外へ出ている人も多いことから、お休みの長い期間なら集まりやすいという配慮からです。

成人式の案内状は、住民票が置いてある市町村から11月から12月までの間に届きます。もし県外に住んでいて、住民票も移してしまっている場合は現在住んでいるところに届きます。地元の友達に成人式で会いたい、と思う方は地元の自治体に確認してみましょう。日にちや場所はしっかりとチェックしておく必要がありますね。

成人式の参加は自由ですが、一生に一度のこと、そして大人になったこと社会人としての自覚を確認するためにも是非参加することをお勧めします。あの時参加しなければよかったとは思わなくても、参加しておけばよかった、と後悔するのは嫌ですよね。もし迷っていたらとにかく出席してみましょう。

何しろ懐かしい同級生に会えたり、クラス会のような雰囲気ですよ。同じ年齢の人だけが一斉に集まる機会というのはこれぐらいです。「大人」を初めて実感できる素敵な機会と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

素敵な20歳を迎えてください

人生のうちで、最も様々な出来事があるであろうと言える20代に突入しますね。成人式に出席して、新成人としての思いを巡らせてみましょう。出席できない方も、成人を迎えてチャレンジしてみたいこと、目標を立ててみるといいですね。20代はあっと言う間に過ぎてしまいますよ。日々大切にしながら、素敵な経験をたくさん積み重ねていけるといいですね。

こんな記事も読まれてます

-年間行事
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.