気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

三色団子ってどの順番で並んでる?正しい順番があるの!?

投稿日:

お花見のといえば・・・桜の木の下で仲間と集まって美味しい料理やお酒を楽しむのが醍醐味ですよね。

お花見の時にみんなで持ち寄った料理を楽しむのもいいですが、三色団子を桜の木の下で食べるのもなんとも風情が感じられて気持ちがいいものですよ。

ところで・・・

この三色団子がなぜ食べられるようになったのかご存知でしょうか?

こちらの記事では、三色団子を食べるようになった由来や色の順番に決まりがあるのか?

色の意味は?・・・についてご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

三色団子の正しい順番は?

三色団子の三色の順番、思い出すことは出来るでしょうか?

上から順にピンク、白、緑という順番で串に刺さっており、これには、実は意味があるんですよ。いくつか説があるようですが・・・代表的なひとつをご紹介します。

それは「桜が咲く順序を表している」というものです。

ピンク色のつぼみがつき、白い花が咲き、花が散った後に緑の葉が出る・・・

串ひとつで桜の季節を表しているとは何とも素敵ですね。

京都の一部の地方では、この3色にあずき色(茶)を足して4色のものがあったり、福島県郡山市では串に刺さっていなかったり、秋田県横手市では平べったかったりしますが、全国的にみれば3色の丸いお団子が定番です。

そして、この三色団子の生みの親・・・なんと、豊臣秀吉だったんです!!

アイデアマンで派手好きだった豊臣秀吉が、京都の醍醐寺で正室や側室、嫡子、配下の武将やその一族を招待してお花見を催しました。その数や1,300人と、当時にしては空前の大規模でした。

このために桜の木を700本も移植したり、参加する女性陣には2回以上のお色直しが命じられるほど、豪華できらびやかだったと記録されています。

当然振る舞われる食事も豪華で、全国各地の銘酒が揃い、見た目も美しく珍しいものが揃えられました。

この時のお茶菓子として振る舞われたのが三色団子だったんです

 この頃の団子は白一色で、甘くない団子に醤油などをつけて食べるのが一般的だったのですが、大の団子好きだった秀吉が、見た目も美しくてほのかに甘い三色団子を考案させたと言われています。

これをきっかけに、

お花見には宴会、三色団子という風習が全国的に広まり、江戸時代になると庶民の間でも流行するようになりました。

『花より団子』のことわざが生まれたのもこの頃のことです。さすがは天下の豊臣秀吉、こんなところにも影響力があったんですね。

 団子を食べる習慣が広まった理由ははっきりとしていませんが、一説には、団子やが花見の季節に団子を売り出したのがきっかけとも言われています。今も昔も商売上手な人はいるものですね!

 

スポンサーリンク

それぞれ意味があるの?

お花見団子の色と順番ですが、先ほど述べた『桜が咲く順序』意外にも諸説があるんです。 ここでは、ピンク、白、緑の意味をご紹介します。

三色団子の歴史を知りたい!なぜ食べるようになったの!?
所要時間: 513

買い物に行くと、スーパーやコンビニで、年中三色団子が売っていますよね。子共が喜ぶので買って帰る事もたまにあります。 そこで・・・ 今まで子供に三色団子の意味を聞かれたことはありませんか? 季節関係なく ...

季節を表している説

  • ピンク:桜色なので春を表しています
  • 白:雪の色なので冬を表しています
  • 緑:新緑なので夏を表しています

季節を表しているにしては“秋”がありませんが秋が無いのは「飽きない」と「商い」をかけて、いくら食べても飽きない、だから商売が繁盛する・・・という団子屋さんのユーモアなのだという説があります。

京都の4色団子は秋をあずき色(茶)で表していて、京都の商売人はお金(商い)よりも風流を大切にする、プライドを表したものなんだそうですよ。

 

三色で春を表している説

  • ピンク:桜、太陽
  • 白酒、残雪 
  • 緑:新緑

 暖かい日差しに雪が溶けだし、緑が芽吹き桜が咲き始める春の様子を団子で表現したと言われています。

白は雪ではなく、桃の節句で飲まれる白酒が表現されているという説もあるようです。京都のあずき色は大地を表しています。

いずれにしても 風情があって、とても日本らしい表現の仕方ですね。

 

縁起の良い食べ物という意味を表している説

  • ピンク:紅白の紅、運気を上げる色
  • 白:紅白の白、清浄を表す色
  • 緑:邪気を払う色
  • 茶:運気を育む色

全てがおめでたい色なので、縁起のいい食べ物という意味になったんですね。なんだか食べるだけで運気が上がるような気分になってきます。

どの説をとっても、日本らしい縁起物であることに変わりはないようです。ぜひ、お三色団子を口へ運ぶ時に、思い出してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか?

お花見の時には何気なく食べていた三色団子ですが、実は以外にも400年以上前とかなり古く、お花見の時から食べられていたんですね。

しかも、団子の色が3色なのも季節感を感じさせてくれたり、縁起が込められていたりと、大変奥が深い食べ物だったことには驚きました。

縁起物ということを知ると、お花見だけでなくて「運気を上げたいっ!」って時にも食べたくなりますね。今年はお花見はもちろん、是非、三色団子も楽しんで頂けたら幸いです

ただし・・・

くれぐれも食べ過ぎにはご注意下さいね!

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.