気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

庭に桜を植えてはいけない?!植えるならちゅういしなきゃいけないことがある!

投稿日:2018年2月19日 更新日:

春の訪れとともに咲き始めるサクラ。日本人にとって特別な花ではないでしょうか?

誰でも見れば心和むものと言えるでしょう。毎年開花はいつ、と気にしながらお花見の予定や各地の桜の名所へ出かける予定を立てている方も多いことでしょう。

特に冬が長くて寒い地域や、今年の冬は寒かったなと思うと、春の訪れは一層待ち切れないものなるはずです。

今度の春にはお花見の予定はありますか?

桜の木の下で楽しむランチ、そして夜桜をお酒と一緒に楽しんだり、と、今から想像しただけで開花が待ち切れなくなりますよね。それぐらい愛されている桜との思い出は、誰にもあるかと思います。

この桜、どうせならうちの庭で楽しみたいとも思いますよね。毎年春に自分の家でお花見を楽しめたらどんなに嬉しいことでしょう。

時々家の庭に桜の木見かけることもありますが、一方で桜は庭に売れるものではないということも言われたりします。どうしてなのでしょうか?

また、本当に植えないほうがいいのでしょうか?またそう言われるのはなぜ?と、気になりますよね。

結論から言うと、桜は家に植えないほうがいいと言われています。

スポンサーリンク

庭に桜を植えないほうがいいその理由とは

まず、桜には根張りの問題があると言うことです。桜は特に大きく根をはる木と言われています。

桜の木の根元をよくみてみると、その根は地表近くを横に伸びています。そうするとこの根がどんどん根を張っていくと、住宅の下に広がっていき家の土台を傷めてしまう危険性もあるということになってしまいます。

実際、桜の木の根が家の土台や、道路のアスファルトを持ち上げてしまうということもあるほどなのです。

なので、もし植えるのなら、住宅から十分に話した距離にすれば大丈夫と言えるでしょう。

土地の規模にもよるかもしれませんね。もし桜を庭に植えたいと言う場合は、大型種を選ばないことが大事です。

桜には様々な種類があります。

一番親しみのある桜はソメイヨシノですが、これは大木になるので、先ほど挙げたように植えるためには余程の敷地が必要ということになります。

割と小さめの、豆桜、枝たれ桜などは小さいものなので、これれのものを選ぶといいでしょう。これなら根張り、枝張り、日照の問題などを比較的木にする必要がなくなります。

住宅からできる限り離すということも大切です。

根が張る桜は、植える場所を十分に考慮する必要があります。建物が周りにない場所を選び、家の傍に植えるのを、避けるようにしましょう。そして、管理をしっかり行うことも大切です。

これは自分の家の敷地だけでなく隣接する住宅への配慮も必要です。落ち葉や、桜の花びらがお隣の家や周りに飛び散るということは十分に考えられます。

桜の花吹雪なら綺麗だし、と思っても、それを受けるお家によっては迷惑と思うことも。そのあたりをしっかりと考慮する必要があります。

お隣の方にこのようなことが起こる場合は、お声がけをするなどしてトラブルにならないようにしましょう。必要があれば庭師さんにお願いして剪定をしてもらうなどするといいですね。

自分で勝手に切ってしまうと、桜はデリケートな樹木なので傷つけたり病気の原因になってしまうこともあります。

このように、桜を植えるということは、ある程度管理のために費用がかかることを覚えておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

庭に植えた時のデメリットとは?

桜を植える時のデメリットは、管理に手間がかかるということと、害虫や蛇の問題があるということです。桜には毛虫が多くつきます。

また蛇が侵入してくるということも。大きくなるほど毛虫は多くなりますし、蛇についても気にしておかないといけません。毛虫や蛇は苦手な方も多いので、植えてみたのはいいが、毛虫だらけ、となったらたまったものではないかも。

また、秋には落ち葉が多くなりますので、それの管理も大変になります。これらのことは覚悟しておかなければなりませんね。

害虫がひどい時にも庭師にお願いして農薬の散布をしてもらうようにしましょう。美しく咲く桜ですが、管理が意外と大変というのがデメリットと言えます。

庭に桜を植えると縁起が悪い?

今では信じられませんが、江戸時代頃までは、桜は縁起の悪いものだとされていたことがあったようです。桜の季節の結婚も縁起が悪いと言われていたようです。これは、桜は「散ってしまう」というイメージがあったからということから。

また、桜は人骨を吸って育つという言い伝えもあったようです。これは、桜が墓地や戦場跡地などに多く見られることから言われていたようです。昔はあまりいいイメージがなかったようですが、今では全くそのようなことはなく、むしろ桜はいいイメージで、おめでたいものですらありますよね。

桜はやっぱりみたいもの

言われてみれば桜を植えているお家は、敷地が広く昔からある趣のある家が多いような気がします。

これを参考に是非とも家の庭に桜を、と思う方も、桜はお花見で見れればいいかもと意見が分かれるところかもしれませんが、どちらにしてももうすぐその季節もやってきます。楽しみですね。

しだれ桜の育て方は?初心者でもできる?
所要時間: 423

春の花といえば、桜が一番日本人に馴染みのあるものかと思います。春の訪れを告げてくれるとともに、美しく優しいピンク色は本当に人の心を和やかにしてくれますよね。そしてその美しい桜の下で、お花見を楽しむこと ...

しだれ桜の成長速度は?気を付けるべきポイントを確認!
所要時間: 424

冬が特に寒かったりすると、春がより一層待ち遠しくなってきますね。皆さん春といったらどんなことを楽しみたいですか?また楽しみたいと思っていますか? 日本で春といったら、桜を連想するかたが多いのではないで ...

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.