気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

レジャー情報

ラッシュガードと水着の違いって?今どき水着用品の選び方!

投稿日:

泳ぎに行くときはラッシュガード!なんてことを最近よく聞きますが、ラッシュガードって何でしょう?水着の一種と思っていたけどそうではないの?て人も多いと思います。

ラッシュガードと今どきのUV対策ご紹介します。

スポンサーリンク

ラッシュガードって水着と違うの?ラッシュガードの定義とはって何?

ラッシュガードはもともとサーフィンをする人がスェットスーツの下に擦り傷やクラゲの対策など海のトラブル用に着るアンダーシャツのことです。海から上がると急激に体温も下がるので、体温調節の役目も果たします。

ですから、ピッチリとしたシャツだったのですが、現在は一般的なシャツとして体に沿わないフワッとしたものも売られています。

ラッシュガードはおもにUV対策として着用されています。ラッシュガードそのものにUV加工がほどこされています。もともと水の中で切る素材なのでそのまま水の中に入ることができますね。

厚さも分厚いものから薄手のものまでいろいろあります。

水の中でしっかり泳ぎたいなら、ピッチリとしたタイプ、水遊び程度ならゆったりタイプでいいと思います。

今どきUV対策は当たり前!ラッシュガードと水着の選び方!

ラッシュガードは、海やプールだけではなくUV対策としてアウトドアの活動にも着用されていたりもしますね。紫外線をあびる場に長時間いなければいけない時などにも適しています。

大量に汗をかいた後など、ラッシュガードは汗を蒸発させる機能があるので蒸れたりしません。

昔と違い、水着は多様性に富んで自由に選べるようになりましたね。

水の中だけと限らず、普段使いとの境目もあいまいになってきました。紫外線防止の必要性が増してきたからだともいえます。

ただ、ラッシュガードにしても近頃はファッション性を重視したものや、パーカータイプのものなどいろいろ出ています。

着方は男性と女性、子供によってもいろいろですね。男性はじかに着ても問題ないですが、女性の場合ふわっとしたものを水着の上から着ているという人が多いようです。

最近ではラッシュガードと水着のセットというものも売っていたりします。

必要な用途に応じて、どんな素材や着方をすればいいのか、お店の人に聞いたりしっかり確認してから購入するべきだと思います。

まとめ

ラッシュガードが人気なのは、UV対策だけでなく、体型カバーできるとしても人気。これからますます需要が伸びるものではないでしょうか。

こんな記事も読まれてます

-レジャー情報
-

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.