気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

育児子育て

PTA役員を引き受けてもらう魔法のことば?

投稿日:2019年3月6日 更新日:

「やりたくない」「大変そう」
という人が多い傾向にあるPTA
役員。
現役PTA役員の最後の大仕事
言っても過言ではないのが、
次年度のPTA役員への引継ぎ
ですよね。
なかなか立候補者がいない
なると、引き受けてくれる人
を探さなくてはなりません。
引き受けてくれる人が見つからず
悩んでいる現役PTA役員の方も
たくさんいらっしゃると思います。
「やってみてもいいかな」と思って
もらうには、どのような誘い方
すれば良いのでしょうか。

みんなPTA役員をやりたくないのはなぜ?


「できることならやりたくない
」という人が多い印象のPTA役員
ですが、なぜやりたがらない人が
多いのでしょうか。
やりたい人が少ないのには理由が
あるはずですし、逆にそこを改善
すれば引き受けてもいいという人
増える可能性があります
まずはPTA役員をやりたくない
理由を考えてみましょう。

・集まりが多く面倒
最も多いのが「集まりが面倒
という意見かと思います。
PTA役員は会議や行事の準備
など学校に足を運ぶ機会が多い
ですよね。
行事の前などは更に忙しくなる
印象があります。
月に何度も学校に行かなくては
ならないとなると、どうしても
協力しようという気持ちより、
面倒な印象が勝ってしまうのかも
しれません。

・人間関係が面倒
人付き合いが苦手な人や、大人数
での行動が苦手という人も多いです
。PTA役員は役員同士での関わりや
助け合いが必要不可欠ですし、先生
との繋がりやクラスの保護者との
関わりも多いので、人間関係が億劫
でやりたくないという人も多いよう
です。

・働いている
仕事がある人、特にフルタイムで
働いている人は平日は仕事があり
休めないので、PTAの活動に参加
できないという事情があります。
子どもがいると急な熱などで
やむを得ず仕事を休まなくては
ならない日もあるので、PTAの
ために更に休みを取らなくては
いけないとなると、少し厳しい
と思うのかもしれません。

・兄弟がいる
一人っ子ではなく兄弟がいると、
PTA役員を重荷に感じてしまう
人も多いでしょう。
特に下にまだ小さい兄弟がいると、
下の子を連れて学校に行かなく
てはならなくなり、会議中に
ぐずってしまうことや、突然
熱を出してしまうなど大変な
ことが多いように感じますね
協力したい気持ちはあっても、
PTA役員を引き受けるほどの
余裕がないというのが正直な
意見かもしれません。

こんな役員ならみんな引き受けます?


ここまでご紹介してきたみんなが
役員をやりたがらない理由が解決
できれば、引き受けても良いという
人が増える可能性があります。
みんなが不安に思っているポイント
を上手く言い換えて、PTAの魅力
伝えてみましょう。

・会議が多く面倒
→お茶会みたいな雰囲気で!
仲の良いママ友とのランチや
お茶会が楽しみな方は多い
思います。
PTA役員もみんなで仲のよい
ママ友グループのような関係
築くことができれば、会議も
業務的で堅苦しい雰囲気では
なく、お茶会の延長のような
和やかな雰囲気で楽しく進め
られます。
実際に役員同士仲が良く、
お茶会のような気持ちで
会議に参加していたという
体験談も耳にします。
一からそのような雰囲気を
作るとなると時間がかかる
ので、誘う時点で仲の良い
ママ友グループ全員に「みんな
でどうですか?」と声を
かけてみたり、「○○さん
と一緒でも大歓迎です」
など仲の良い人たちを一緒
に誘ってみる
良いかもしれません。
「そんなに役員は堅苦しい
ものではありませんよ」と
いうことを伝えられると
良いですね。

・仕事や兄弟が理由で参加しにくい
→みんなでサポートするよ!
仕事が忙しかったり、兄弟が
いるので毎回参加することが
難しいという人は、「引き受
けるからにはしっかり参加
しなくては」というプレッ
シャーを感じてしまいます。
参加できないことに目が
向きがちですが、「○○
さん忙しいだろうから、
毎回参加できなくても
こういうこと(例:クラス
の保護者への連絡係)を
手伝ってもらえると助かる
んです」「こういう時(例:
子どもの風邪、仕事が休め
ない)もあるだろうから、
その時はみんなでサポート
するよ、こういう対策が
あるから大丈夫だよ」「そう
いう時私はこうしていたよ
」というように、その人の
負担にならない活動方法
の提案や、周りのみんなで
サポートができる環境、
経験談をアピールすると
良いでしょう。

しかしその人が大変な環境
にいることは事実ですから、
「大丈夫だから」と無理に
引き受けてもらおうとする
ことは避け、相手に寄り添う
気持ちが大切ですね。

PTA役員の魅力を広めよう!


大変そうなイメージが強い
PTA役員ですが、子どもの
学校での様子を知ることが
出来たり、ママ友が増えたり
とメリットもたくさんあり
ますよね。
お互いの環境を理解して、
みんなで楽しく活動ができる
ような雰囲気作りが「引き
受けてみようかな」と思って
もらうための第一歩かもしれ
ません。
PTA役員の魅力をたくさん
広めて、気持ちよく次年度の
役員さんへの引継ぎができる
と良いですね。

こんな記事も読まれてます

-育児子育て

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.