気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

実は裏がある!?親におごるメリットデメリットとは!?

投稿日:2018年9月16日 更新日:

誰もが小さい頃、家族で外食したらいつも好きなものを注文し、

好きなだけ食べていたのではないでしょうか。

 

数十年後、また同じように外食。

面影はあるものの姿は一変した家族。

これまた同じように好きなもの注文し好きなだけ食べる。

あの頃と違うのは、会計は自分が払うということ。

 

そう、成人になったら外食を親におごるというのが

親孝行なのではと思いませんか?

 

回らないお寿司屋さんなんか、

おじいちゃん、おばあちゃんを引き連れて行ってみたいものです。

「このメニューのここからここまでちょーだい」なんて、

男なら誰でも言ってみたいですよね。

 

一方で・・・

  • 「子供が無理して親におごるもんじゃない」
  • 「親のために食事をおごるくらいなら、自分の後輩にでもおごってやりなさい」

という意見もあります。

 

どちらが正しいのでしょう?

今回はおごられる側、おごる側の心境について

考察していきたいと思います。

おごられる側の心境は?

まず、おごられる側の心境を

年齢別にざっくり考察していきましょう。

小さい頃 4~12歳

まだお金も自分で稼げない純粋無垢な少年。

あれが高くて美味しいだとか、

これが安くてボリューミーだとかわからない年頃。

ただただ自分の興味あるものを食す、そして味覚を鍛える。

自分の大好物!といえるものを探す旅ともいえるでしょう。

お勘定?そんなの知りましぇん。

思春期 13~16歳

この頃になるとそろそろ、

家の家計などを生意気にも気にし始めるのではないでしょうか。

しかし、まだ自分はおごるような立場でないのは

十分に承知しているから、少しでも家計が楽になるよう

安くてボリューミーなものを注文しようかなとしたら、

親に「気にせず好きなもの頼んでええぞ」と、

心を読まれた?と錯覚しちゃう。

青年期 17歳以降~

とうとう念願のバイトができるようになる年代。

そろそろ親にご飯おごられてばかりじゃいられないな、と

思い始める大人の一歩を踏み出したのではないでしょうか。

これまで貯めていたお年玉貯金も合わせて、

数人の食事代くらい気にならないほどに成長。

いざ、親に「俺のおごりで飯行かね?」と声をかけたいが

なかなか声をかけられない。

勇気を出して外食を誘うも、

  • 「わしらのことは気にするな、将来のために貯金しとけ」
  • 「ありがとう、その気持ちで十分やけん」

と言われて涙ぐむ自分。

こうして少年は、

「立派な社会人になって、親にうまいもんたくさんごちそうさせてあげよう」

と、おごられる側からおごる側へと昇華する決意をするのであった。

おごる方の目論見とは?

目論見と聞くと何か悪者っぽく聞こえますが、

やはり、人は誰しも愛する人に「尽くす」という

思いがあるのではないでしょうか。

おごる場合は、「お金という自分の一部」を使って

相手に「尽くしたい」という思いがあると思います。

 

これは外食で、あくまで他人の料理ですが、

お金を出しおごることで相手に満足感を与え、

同時に自分もそれを見て満足感を得るという感覚なのでしょう。

 

また、「おごる」という言葉だけを聞くと、

いやらしく聞こえるかもしれませんが、

「ごちそうする」という意味合いであれば、

別にそのようなこともないですね。

 

ましてや今や社会の目を気にする時代です。

SNSなどで色んな人の現状を知ることが出来ます。

自分だって親孝行!

今までお世話になったお父さんお母さんを連れて

高級和食へ連れて行ってあげました!

なんて、SNSに投稿すればすごく気分も良くなるでしょう。

 

しかし!覚えておいてください!投稿するのは自由ですが、

「親に食事をおごってあげた!」って周りにアピールする親孝行は真の親孝行と言えますか?

 

周りから「えらい!」「子の鏡や!」

なんて言われたいだけではないですか?

そう言われたいがための親孝行…

親におごる行為はやめておきましょう。

あ、もちろん思い出作りに投稿するのなら良いですよ。

 

とまぁ、社会人ともなれば

ちっぽけなプライドの一つや二つくらいは持っておきたいものです。

「親と外食へ行くなら食事代は子供が出すのが鉄則!」

「社会人にもなって割り勘にしたり、親に一度でも

奢ってもらうのは情けない、みっともない・プライドがない・ケチ!」

 

「おごってあげるよー」って誘っても

頑として来てくれない親御さんだっていますよね。

「すねかじりなんてうちは思っとらんよ」

なんて言われても気にしちゃいます。

 

いかがでしたか?

まとめると・・・

おごる側のメリットとしては、

  • 親孝行
  • 達成感
  • 優越感

など、色々な気持ちを得られると思います。

好きな人を好きな料理店へ連れて行き、

好きなだけ注文してもらい好きなだけ食べてもらう。

これこそがおごる側の最大のメリットじゃないでしょうか。

 

逆に、デメリットとしては、

  • 「ガキが図に乗るな」
  • 「親に恩を売る気か?」

などとプライドが高く、ガンコな親父さんがお相手だと一気に気まずくなることでしょうか?

 

めったにないことだとは思いますが、

おごると言うタイミングにも気を付けましょう。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.