気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

年間行事

入学式で着物を着たい!小紋でも大丈夫!?

投稿日:

寒い季節からだんだん暖かくなってくる4月に入ると、子供たちの入学式のシーズンになってきます。

そして、この時期になると、せっかく自分の子供の晴れの日なので、記念に着物で出席しようと思ってるお母さんたちもおられると思います。

しかし、その中で着物はどんなものが良いのか。自分の母親が来ていた小紋の着物は大丈夫なのかとか、悩んでると思います。

そこで、今回はそんな着物のお悩みを解決するために、入学式にふさわしい着物についてなど、ご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

入学式にふさわしい着物は?

まず正装とされる着物の種類は以下のものがあります。

その中でも入学式にふさわしいのは、「訪問着」・「色無地」・「付け下げ」・「小紋」の4種類になります。

小物にはそれぞれ格付けがあり、訪問着がこの中で一番格上の着物になります。また、紋付かそうでないかでも格が違ってきます。紋がつくと格上になります。

訪問着』は、先ほどの説明のように一番格上の着物になり、背中、両袖の3か所に紋がはいっています。

最近では、紋が入ることでかしこまりすぎてしまうということで、入らない方もあるようですが、なによりとても華やかな装いになります。

色無地』は、紋をつければ略礼式となり、結婚式や入学式、卒業式、七五三などで着ることができます。また、3か所に紋をつけると訪問着と同格になり、付け下げや紋の入らない訪問着よりも格上になります。

紋がなくても品のある袋帯を合わせることで、入学式にふさわしい着物になります。

付け下げ』は、訪問着とおしゃれ着の位置付けにある小紋の、ちょうど中間的存在の着物になります。付け下げは正装として着ることができ、ママが入学に着ても全く問題はありません。

訪問着より略式にはなりますが、同じように着ることができます。

小紋』の見た目は色無地のように見えますが、おしゃれ着であり本来は正装にはなりません。

しかし、「江戸小紋」は小紋の中でも一番格が上で、紋を付けると色無地と同格になります。着物を選ぶ時に大事なのは色目です。

淡いピンク、淡い水色、淡いみどり、淡いグレーなど、落ち着いた色合いを選ぶといいでしょう!

次に、基本的な帯の組み合わせも紹介いたします。

⑴    濃い色の着物の場合は淡い色の帯

⑵    カラフルな色合いの着物の場合は単色の帯

⑶    大柄の着物であれば小柄の帯

このように、着物と帯は違うタイプを組み合わせることで良いコーディネートになります。

小紋でも大丈夫?

入学式は、結婚式などと違い厳格さは少し緩いので、いろんな着物の着方の方がおられます。

しかし「一番格下の小紋の場合はどうなのかしら?」と、さすがに心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、無難な着物とというのはある程度決まっています。

小紋は、着物の中では普段着扱いなので、おしゃれ着としては良いでしょうが、入学式のような式典では人によっては非常識として見られます。

だからと言って、入学式の時に小紋がすべてダメではなく、マナー違反とならない方法を意識して着れば問題なく可能になります。

その方法ですが・・・

小紋」は普段着扱いなので格は結構低いのですが、小紋の中で格上の「江戸小紋」というものがあります。

そして、「紋付の江戸小紋」なら、さらに格が上がるので、入学式に出席することはマナー違反になりません。

しかし、実際に江戸小紋以外の小紋はすべてダメなのか、紋がないと着る事ができないのかというと、・・・少し微妙です。

実際に、小紋を着て入学式に出席されるお母さんは、少ないながらもおられからです。

しかし、着物で出席する場合、ルール上では問題ないのですが、江戸小紋でも問題ありと言われることもあるそうです。そのため、問題無くスムーズに参加される場合には、小紋を極力避ける方が無難かもしれません。

しかし、どうしても手持ちにある小紋を着ていきたいという場合は、昔のように紋付の黒羽織を上から羽織るのも一つの有効な手段かもしれません。

紋付の黒羽織というものは礼装にもなると言われているので、着物の格上げ的な役割として使うことができます。

これまで紋付けの着物についても説明しましたが、実際のところ、入学式では着物が紋付かどうかなど、いちいちチェックする方はいらっしゃらないと思います。

ですので、そんなに気にされなくてもいいのかもしれません。

それに羽織を着てしまえば、脱がないかぎり着物の紋は隠れてしまうので無理に付ける必要もありません。また入学式で小紋を着るのであれば、無地感覚の小紋にあっさり目の袋帯を締めれば十分入学式にもふさわしくなるのではないかと思います。

まとめ

最近の入学式などでは着物を着ているお母さんは少なくなってきましたが、この記事を参考にして頂いて、自信をもってお子さんの入学式にご出席して頂ければ幸いです。そして我が子のためにも、記念に残る素敵な思い出を作ってくださいね!

こんな記事も読まれてます

-年間行事
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.