気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

気になる天気

にわか雨の意味とは?実はこんな意味が…!

投稿日:2018年5月10日 更新日:

皆さんは突然の雨に打たれてしまった経験はありますか?

いい天気だったから傘を持ち歩かないで外を歩いていたら突然降ってきた。また、BBQパーティーを楽しんでいたら突然雨が降り出した。

自転車に乗って気持ち良く走っていたら突然雨がふりだした、などきっと皆さん何らかの形で不意打ちの雨にあっていることはあるかもしれませんよね。

いつも傘を持ち歩けばいいのですが、なかなかそうもいかないもの。

この突然の雨のことを、「にわか雨」と言いますよね。まさに、にわかに降ってくる雨のことです。

にわか雨とは「驟雨」の一種で、突然降ってすぐに止むもの。

いくつかの種類がある驟雨ですが、その中でも30分ぐらいでやんでしまう雨のことを、にわか雨と呼んでいます。

ところでこの「驟雨」についてご存知ですか?

驟雨とは、積雲や積乱雲といった、対流性の雲から急に雨がどっと降りさして、しばらくするとやむもののことを言います。

その驟雨の中でも特に短時間で止んでしまうのがにわか雨のこと。驟雨の特徴としては、降り始めや終わり、止むのが突然であり、またふり方が激しいということが挙げられます。

天気予報でよく聞く、局地的大雨、とはこの驟雨の量が多くなってくると言われるもので、集中豪雨といえばさらに驟雨の量が多いものということになります。

よく考えてみると日本語には雨の種類を表す単語がたくさんあるのです。

今回は、にわか雨についてご紹介しますが、ここではじめにいくつか雨の種類についてご案内しておきましょう。

日頃よく使っているものもたくさんありますが、改めて意味をチェックしてみると面白いかも。

  • 天気雨

天気雨とは、空は晴れているのに雨が降ってくること。すぐに、だいたい5分ぐらいでやんでしまうものです。土砂降りのような激しいものではなくてパラパラとした雨のことを言います。

  • 霧雨

とても細かい、粒子が小さい霧のような雨霧雨。霧雨は霧がかったようになりますね。雨の勢いは全くないのに、とても濡れた感がしてしまうのは私だけでしょうか?

  • 時雨

降ったかと思うとすぐに晴れるという一時的な雨のことが時雨。

年間を通じて使われることの多い雨用語ですが、もともと晩秋から初冬にかけて降る一時的な雨のことを言います。

  • 夕立

夏の午後に降る雨で、時には雷を伴い降るもの。一時的に強く降ることもあります。夏を思わせる雨ですね。

  • 時雨

時雨降ったかと思うとすぐに晴れる秋の一時的な雨のことを言います。年間を通じていうことも多い雨ですが、元々は晩秋から初冬にかけての雨のことを言います。

  • 氷雨

氷混じりの冷たい雨。ひょう、みぞれ、あられなどの冬に降る雨のことです。キンとした冷たい感じがしますね。

  • ゲリラ豪雨

最近よく聞きますよね。豪雨の中でも最も強く激しいもの。そして突然やってくるもので予想がしにくいもの。あっという間に豪雨になるので、地下街が短時間に浸水するなどの被害が出ることがあります。気象用語ではないので、天気予報では使われませんが、局地的豪雨という形で表現されます。

まだまだたくさんありますが、いかに日本では雨が多いということがわかりますね。

では「にわか雨」についてしらべてみたいと思います。この「にわか」とはどんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

「にわか」って何?

にわかとは、突然に、急にという意味。

また、よく「にわかファン」など、何かのファン初心者、一時的に水になってしまった的な意味で使われるこの「にわか」のことです。

そのことから「にわか雨」は一時的な雨ということになります。

また、驟雨の一つであるにわか雨。驟雨の意味もチェックしてみると、この驟雨の「驟(しゅう)」という字には

  • はしる。馬を速く走らせる。
  • 早い、速やか、
  • にわか、急に、突然
  • しばしば、度々

という意味があります。

降り始めと、ふり終わりが突然ということから、速やか、早いという意味が込められているのですね。

「にわか雨」「驟雨」どちらもとつぜん、早い、にわかに、という意味になるのですね。

 なぜひらがな?漢字ではどう書くの?

 「にわか」は漢字で「」と書きます。無論これにも、突然、急にといった意味があります。

漢字で書くとあまり馴染みがない、読みにくいということから「にわか」とひらがなで表現されているようです。

確かにこれはなかなか読みにくい難しい漢字ですよね。

にわか雨の前兆

 よく入道雲を見るとにわか雨が降りだす前兆と言いますよね。突然に降ってくる雨なので、天気予報でもなかなか予想できない雨でもあります。

にわか雨なら降り続いても30分程度。もし外にいるときに突然降られたら、屋内に入ってのんびりやむのを待つのが一番かもしれません。

雨は農作物は植物が育つ上で欠かせないものですが、不利すぎると、悪影響を及ぼしますよね。

天候は予想はできても、思い通りにすることはできないもの。日々変わっていく環境、気候にも注意を払わないと行かないのかもしれません。

今年は、ほどほどの雨で快適に過ごせるといいですね。

こんな記事も読まれてます

-気になる天気
-

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.