気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

気になる天気

にわか雨とゲリラ豪雨の違いって何?これを読めばすっきり!

投稿日:

突然降り出す雨にひどい目にあったことはありませんか?

特ににわか雨、ゲリラ豪雨と言われるものは突然やってきてしかもかなり強烈なもの。

傘を持ってなないと、また傘を持っていたとしても役に立たないほどの大雨になったるすることもありますよね。

でもこの、にわか雨、ゲリラ豪雨の違いとはなにかわかりますか?

どちらも突然降ってくる雨には変わらないのですが、なにか大きな、そしてわかりやすい違いがあるのでしょうか?そしてどんな風に使い分ければいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

まずにわか雨とは?というところをチェックしてみましょう。

にわか雨とは「驟雨」の一種で、突然降ってすぐに止む雨のことです。

いくつかの種類がある驟雨ですが、その中でも30分ぐらいでやんでしまう雨のことをにわか雨と呼んでいます。

にわかとは、突然に、急にという意味。

よく「にわかファン」など、何かのファン初心者、一時的に水になってしまった的な意味で使われるこの「にわか」のことです。そのことから「にわか雨」は一時的な雨ということになります。

にわか雨について考える上で、驟雨というのも押さえておくといいでしょう、

驟雨」についてその意味についてご存知ですか?

驟雨とは、積雲や積乱雲といった、対流性の雲から急に雨がどっと降りさして、しばらくするとやむもののこと。いわゆるにわか雨、ですね。

その驟雨の中でも特に短時間で止んでしまうのがにわか雨のこと。

驟雨の特徴としては、降り始めや終わり、止むのが突然であり、またふり方が激しいということが挙げられます。

天気予報でよく聞く、局地的大雨、とはこの驟雨の量が多くなってくると言われるもので、

集中豪雨といえばさらに驟雨の量が多いものということになります。

 ゲリラ豪雨の定義とは?

 では最近よく聞くゲリラ豪雨とは?

なんとなく激しい雨とうことはわかりますよね。

それにニュースなどでも突然の雨に大惨事になってしまった様子などを時々見ることもあります。

このゲリラ豪雨は、巨大な積乱雲によって起こる局地的な豪雨のこと。

ゲリラと言われるようになったのは、予想がつかないからと思われますが、それ以外にも局地的に降るという意味も込められています。局地的で、しかも予想がつかない雨という意味で使われているもの、それがゲリラ豪雨です。

最近特によく使われている言葉に感じますが、実は1970年代から使われているようです。ただ気象用語ではないので、天気予報では、局地的豪雨という形で言われています。

それにしても近年は時にこのゲリラ豪雨が多いですよね、

ゲリラ豪雨は、豪雨の中でも最も強く激しいもの。そして、突然やってくるもので予想がしにくいものでもあります。あっという間に豪雨になるので、地下街、地下鉄などが浸水するなどの被害が出ることがあります。

気をつけようにも気をつけられないものでもあるかもしれません。

最近になってよく聞く言葉なので、ゲリラ豪雨と地球温暖化は関係性があるのか、という疑問も湧いてきますが、実はゲリラ豪雨と地球温暖化は関係がないのです。

異常気象が近年続くことから、このゲリラ豪雨も原因と思いがちですが、ゲリラ豪雨は地上の温度と、上空の温度差で出来る積乱雲の発達で起こるもの。

ですから、地球温暖化によって、地球の温度が上がったかといって起こものではないのです。

関係があるといえば、ヒートアイランド現象

ヒートアイランド現象とは、エアコンの室外機の熱気、そしてアスファルト、コンクリートに熱が反射して気温が上がる現象のことを言います。

ヒートアイランドが起こる原因としては、

  • 緑地などの木々の減少したため
  • 排気ガスやエアコンの排熱
  • 道路がアスファルトになったため
  • ビルや建物の密集化により風通しが悪くなったため

などが挙げられます。

この、ヒートアイランド現象によって、地上の気温が上昇していきます。そうすると、上空との気温の温度差が大きくなり、そのせいでより積乱雲が起こる可能性が高くなって、とくに都心では夕立や集中豪雨が起こる可能性が高くなってしまうということです。

確かに都心部の夏の熱気といったら、相当なものです。

 にわか雨 < ゲリラ豪雨?

 にわか雨とゲリラ豪雨を比べるとどう違うのでしょうか?

にわか雨の定義は、降水が地域的に散発する一過性の雨で、一時的に降る雨とされています。ゲリラ豪雨に関しては、気象庁は気象用語として使っていないので、明確な定義はありません。

ただしにゲリラ豪雨は一般的に、局地的大雨を指すと言われており、それを気象庁では、急に強く降り、狭い範囲に数十分の短時間に、数十ミリ程度の雨量をもたらす雨と、定義しています。

にわか雨とゲリラ豪雨は発生のメカニズムには大きな違いがありませんが、異なる点と言ったら雨量と言えます。

ゲリラ豪雨一般的には短時間に降る局地的大雨を指すもの。その雨量は、浸水害や土砂災害が発生する、ということも。

そのことから雨量で比較するとにわか雨 < ゲリラ豪雨ということになるでしょう。

 突然襲ってくるゲリラ豪雨から身を守るには?

 ゲリラ豪雨による被害を防ぐには、気象情報をまめに確認することが大事です。

ゲリラ豪雨や細かい気象情報を確認できるアプリもあるので取り入れて見るといいですね。

そして、たとえ大雨警報や大雨注意報が発表されていなくても、突然雷が鳴り出したり、周囲が暗くなったりした場合には、十分な注意が必要です。変わりやすい天気に対応していけるようにしていきましょう。

こんな記事も読まれてます

-気になる天気
-,

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.