気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報 住居のアレコレ

夜に透けないのは?すだれ?カーテン??

投稿日:2018年3月15日 更新日:

皆さんは、暑い夏を乗り切るのにどんな工夫をしていますか?

住んでいる地域でだいぶ気温も違いますし、また人それぞれ体感にも違うかもしれません。

でも、どちらにしても日本の夏は暑く、そして蒸し暑いというのが毎年のことですよね。夏のは室内と屋外の気温の違いに体が追いついていかなくなることもしばしば。

特に日中一日デスクワークをしている方は、夏なのに体の冷えに悩まされているという女性は多いかと思います。

そうなると、家に帰ってきた時ぐらいは、思い切り窓を開けて自然の空気を取り込みながらくつろぎたいものですよね。なるべくエアコンは使いたくない、という女性は多いかと思います。

私もどちらかというと冷え性で、夏でもエアコンはほぼ使わないタイプです。

と言っても、私が住んでいるのは東北、仙台なので、夜になるとだいぶ涼しくなり、寝るときにエアコンをかけながら、ということはまずないです。

スポンサーリンク

関東、関西の友人には、「羨ましい」とか「ここではありえない」とか言われています。特に暑い地域にお住いの方にとって、夏暑さ、夜の寝苦しさは深刻ですよね。

よく眠れないと、次の日も一日中ぼーっとしてしまいますし、それが夏バテの原因に。では、快適な夏、夏の夜を過ごすにはどうすればいいでしょうか?

まず、気持ちよく過ごすのに環境作りは大切です。

窓を開けると外から丸見えになりそうだし、明かりをつける夜は特に安全面も気をつけたいもの。そしてもちろん、涼しく過ごしたいということです。

窓を開けていてもカーテンは閉めますよね。でもそうするとどうしても、風が入りにくくなってしまいます。カーテンは風を遮ってしまうもの。

では何か、そしてどんな方法が、快適に風を通してしかも目隠しになるのでしょうか?

夏は窓を開けっぱなしにしたい!!

窓を開けることは換気もできるので、実はとても大切なことなのです。

外の空気を取り込み、空気の流れを作ると、夏の部屋にこもった空気を外に出すことができますし、湿気を飛ばすことができるので、カビ対策にもなります

ただ、換気が目的であれば空気の流れを作ることが大切になってきます。開けた窓と反対側の窓、対角線上にある窓を開けると風がうまく通り抜けることができて涼みます。

換気の時間はだいたい5分から10分ぐらいで大丈夫です。

夏はもちろん、冬でも効果的なので少し寒くはなりますが習慣にしてみましょう。

夏でしたら、換気をしたあと、窓を閉めてエアコンをつければ、だいぶ涼しく快適に感じるはずです。

でも、やっぱり窓を開けっ放しにしたい、というかたも。エアコンのあの冷たい空気からは解放されたくもなりますよね。

でも、ただ開けているだけでは、うまく風も取り込めませんし、外から見えやすく環境的によくありません。透けて見えないアイテムを使って心地よい風を取り入れたいという方。

ぴったりのものをご紹介いたします。

スポンサーリンク

目線をさえぎる風通しのいいものって??

ここでカーテンをするか、すだれをするかというところになるかと思いますが、オススメするのはすだれです。

すだれの方が風を圧倒的に通してくれるのです。

カーテンだと、風をさえぎってしまうということと、ゆらゆら揺れて部屋の中が見えてしまうということも。すだれならその心配がありません。

オススメするすだれがこちらです。おしゃれなカラーで素敵な雰囲気を作ってくれるもので人気。

せっかくすだれを使うのだから、効果だけではなくスタイリッシュな部屋のイメージを壊さないものを使いたいですよね。こちらの和モダンなデザインはそれを叶えてくれます。

またもうちょっと値段を抑えたいという方、100均でも手に入ります。

価格は200円のものから300円のものがおもになりますがこちらでも十分かも。結構しっかりとした作りで、透けることなく快適に過ごせますよ。

どちらを使っても、風が気持ちよく入ってくるのを感じルはずです。早速試してみましょう。

夏の夜を快適に過ごすために

涼しく過ごすには、他にもアイデアがあります。

寝苦しくて辛い夏の夜を快適に過ごすために、まず雰囲気から涼しむという意味では、風鈴をつける、といいですね。

あの柔らかで涼やかな音に癒されますし、体感温度が下がるようなきがしますよ。

また、部屋のインテリアのカラーを涼しげにしてみるというのも効果大です。青っぽいもの、白っぽいものでコーディネイトするととても涼しくなります。視覚から入るのもいいかもしれません。

他には、ジェルマットやジェルまくらも取り入れると快適ですね。ひんやりとした感触が快眠へ導いてくれますよ。

そろそろ暑くなりそうだなと思う頃に購入しておくと、本当に欲しい時に売り切れ、ということにもならないでしょう。少しでも快適な夏が過ごせますように。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報, 住居のアレコレ
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.