気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

未使用はがきを切手と交換して欲しい!手数料は必要?交換は可能!?

投稿日:2018年11月6日 更新日:

古い未使用はがきが引き出しから見つかりました。
この未使用はがきを切手に交換して欲しいけど、
交換は可能なのか、また、手数料は必要なのかわかりません。

そこで今回は、このことについて調べていきたいと思います。

古い未使用はがきが!はがきは使わないから切手に交換して欲しい!


利用に困るはがきなど未使用のはがきは、
切手に交換することができます。

未使用はがきを切手に交換する際に手数料が1枚につき5円発生します。
そして未使用はがきを切手に交換するときに発生する手数料は、
相殺することが可能です。

正確に言うと、交換した切手で手数料を相殺することができます
手数料の支払い対象は、現金または郵便切手で
支払うという決まりがあります。
そのため、はがきを手数料にあてることはできません。

はがきを切手以外のものに交換する際は、
現金でしか手数料を支払えません。
はがきもお金だと思われますが、あくまでもはがきは郵便物です。

交換の手数料は郵便物として出すわけではないため、
相殺することができないのです。

ですが、手数料としてかかる分を先に切手に交換し、
あとで残りのはがきの手数料としてあてることもできますが、
先に切手に交換する手数料は現金が必要となります。

もし、家に使いづらい切手がある場合は、
はがき交換時に使うと使い道に困らないです。

たまに相殺できない場合もありますので、
その場合は先に聞くのがよいでしょう。
無料ではがきを切手に交換ことができることもあります。

欲しかったのと違うはがきを買ってしまった場合は、無料で交換できます。
ただし、未使用で汚れや折り目がついていないきれいなものに限ります。

そして、切手を交換する際の手数料を切手で支払うことはできます。
シール切手も通常切手と同じように手数料として使用することができます。
切手は現金と同じ扱いになるため、問題なく使用してもらって大丈夫です。

ただし、切手を現金に交換することはできません。
切手が大量にある場合は、
手数料の高いものに交換するときなどに使うとよいでしょう。

現金と同じ価値があるため、
あまり乱雑に使わずに有効に使いましょう。

郵便局で交換は可能?手数料を払えば額面分の切手と交換してもらえる!

引き出しの中にあった未使用のはがきを、
手数料を支払えば、切手に交換することができます。

切手にしておけば、後々いろいろと使い道がありますから。
先ほども述べましたが、はがきを切手に交換すると、
手数料は1枚あたり5円です。
はがきを使わずにそのまま放置しているよりは、
手数料がかかっても交換したほうがいいです。

ちなみにはがきの手数料は1枚5円ですが、
その他の交換手数料は以下のとおりです。

●郵便切手・通常はがき……………………1枚につき5円
●往復はがき・郵便書簡……………………1枚につき10円
●特定封筒(レターパック)…………………1枚につき41円
●10円未満の郵便切手や郵便はがき………合計額の半額

近親者の不幸による服喪のため利用できなくなった場合は無料交換可能です。

●通常切手(弔事用切手を含みます。)
●通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
●郵便書簡
●特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

上記のいずれかに無料交換できます。

ただし、無料交換できる期間は、
お手持ちのお年玉付き郵便はがき等の
販売開始日から販売期間終了日までです。

そして、去年余った年賀状を今年の年賀状への交換はできません。
ただし、通常のはがき・切手などへ交換することができます。
(この場合、1枚5円の手数料が発生します。)

郵便局へ行って年賀はがきから切手に交換してもらいました。
今年の年賀はがきのあまりは5枚だけでした。

1枚52円×5枚で260円分です。
切手に交換する時の手数料が1枚あたり5円。

82円の切手4枚に交換したので、
手数料5円×5枚+不足分68円で93円支払いました。

260円分の年賀はがきを手数料25円と不足分68円を支払い
328円分切手と交換になりました。

未使用の年賀状は?


未使用の年賀状や書き損じの年賀状は、
1枚につき5円で通常はがきや切手などと交換することができます。
しかし、郵便局で年賀状を換金することはできません。

はがきや切手と交換しても使わないという方は、
金券ショップで買い取ってもらえます。

持ち込みの時期や印刷の有無など
金券ショップによって買取価格は変わります。

少々手間はかかりますが、郵便局で切手に交換して、
その切手を金券ショップで換金するという方法もあります。

買取価格の高いショップが見つかれば
こちらの方がお得になることもあります。

1枚や2枚なら交換するのも面倒という方。
そんな時は懸賞はがきなどに使ってしまいましょう。

専用の応募はがきがあっても切手は貼らないといけないので、
宛名などを書く手間はありますが同じことです。

官製はがきでの応募が可能か確認した上で使いましょう。
その際は表面の「年賀」部分に線を引いて使用してください。

まとめ


はがきは現金と同じ価値があるものです。
引き出しの中にある未使用のはがきも、
そのままにしておくともったいないですよね。

未使用のはがきがあるのであれば、ぜひ郵便局へもっていって、
切手とかに交換して、無駄のない使い方をしたいですね。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.