気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

育児子育て

子育て費用はいくらかかるの?そんな悩みや不安を解消!

投稿日:2019年2月2日 更新日:

小さなお子さまがいるご家庭。
毎日の子育てに奮闘していることかと思います。
まだまだ手もかかる忙しい日々を過ごしながらも、
ふと子どもの将来について考えることもありますよね。

これから小学生になり、学校が始まるようになると
成長もトントン拍子です。

そこで考えてしまうのが、学費や子育て費用です。
漠然とお金はかかるということはわかっているけれど、
果たしていくらぐらいかかるのか、そしてどうやって
貯蓄していくのか、今から間に合うのか?など様々な
疑問が出てくるかと思います。

今回は、その子育てについての費用、学費
ついてお話しいたします。

子育てにかかる費用は?

では、子どもが生まれてから大学卒業まで
どれくらいかかるのでしょうか?

学費(教育費)、習い事、そして生活費を
足して換算すると、学費900万円、習い事
130万円、生活費1340万円で、合計2370万円
という調査結果が出ています。

平均金額なので必ずしもこの金額とは限りませんが、
これぐらいはかかるということです。
なんとなく予想はしていたけれど、結構な金額
になりますね。
やはり学費や習い事には、お金がかかるものです。
何を習うのかによっても月謝は変わりますが、
なにかは習わせたいものですが、一つ習うにしても、
月に平均的に5000円から10000円はかかります。

そしてやはり違いが出るのが教育費です。
私立と公立の学校によってかなりの差が
出てきます。
ここで、幼稚園から高校までの教育費
ついて見てみましょう。

幼稚園から高校まで「公立」   571万円
幼稚園から中学まで「公立」   728万円
小学校まで「公立」       1055万円
幼稚園から高校まで「私立」   1678万円
というデータが出ています。

公立と私立の学費の違いがよくわかりますね。
高校まで全て私立だと、公立の約3倍もかかって
しまいます。

そして大学ではさらに
国公立大学 約245万円、私立文系 約390万円、
私立理系 約520万円かかります。
これはしっかり将来のために貯蓄していかないと
大変なことになってしまいますね。

今から出来るおすすめの貯蓄方法!

では、貯蓄方法についてです。
お金がかかるということはわかったけれど
とにかく貯めなくてはと焦って無理をして
しまうと続かなくなってしまいます。

そこで、貯蓄のポイントについてチェック
しておくこととして、まず、いつまでに
どれくらい必要なのか目的を決めましょう

学校についても、先ほどご紹介したように、
私立なのか公立なのかによって、資金計画
変わってきます。

そして自動積立や、学資保険などの「先取り貯蓄
をすることです。

日々の生活の中で自ら貯蓄をしていくことは
大変ですし、途中で諦めてしまいがちですが、
学資保険のように自動的に月々積み立て
いければ貯めやすくなります。
そして一番のポイントは、今から始めるという
ことです。
コツコツ積み立てていくことで、備えておく
ことができますね。

コツコツ貯めて行くには今すぐスタート
無理しすぎずに貯蓄するには、早めにスタート
することが大事です。

もちろんお金は大事ですが、家族が自分たちの
楽しみも大切にしながら、少しずつ始めて
いきましょう。

こんな記事も読まれてます

-育児子育て

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.