気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

掃除洗濯

キッチン 掃除に 重曹を使って効率的にお掃除

投稿日:2019年2月23日 更新日:

秋も始まり、いよいろ肌寒くなって来たと感じたら、年末ももうそこまで。
年末と言ったら大掃除は避けて通れないイベントのようなもの。
でも、あれもこれもやらないといけないし、と毎年を悩ます方も多いのでは?

毎日使い続けているキッチンは特に汚れが溜まって、
お掃除するのも面倒になってきますね。

そんなあなたに、キッチンの掃除に大活躍する、重曹を使った
らくらくお掃除のアイデアのご紹介です。
大掃除に限らず、年中使えます。参考にしてみてくださいね。

キッチン掃除の際、重曹の使い方が分からない方

掃除のお助けアイテム「重曹」。聞いたことはあるけど、どんなもので、
そしてどのように使えばいいかよくわからないという方へ、まず簡単にご説明しましょう。

「重曹」とは、炭酸水素ナトリウム、ベーキングパウダーのことです。
よくお菓子を作ったりするときに膨らませる役割で使ったりできるもの。
重曹のポイントは無害ということです。
自然成分なので、お掃除に使っても肌荒れすることもないですし、
お子様がいる家庭でも安心して使えますね。

使い方はそのままふりかけたり、水などてといてペースト状にしたり、
水の量を足して霧吹きにしながら使ったりと用途によって使い分けることができます。
実はとても使いやすいアイテムなのです。

キッチンをピカピカにしたいなら、掃除は重曹におまかせ!

では早速、重曹をつかったキッチンの掃除の仕方のご紹介です。
お掃除するのに、キッチンのそれぞれの場所に適したお掃除ができるように
いくつか準備しておきましょう。
まずは、重曹をそのままスポンジにつけて使う方法。
磨いたりするのに効果があります。

そして、「重曹スプレー」。
こちらは、スプレーボトルに、水100ccに対して重曹を3グラム入れ、
よく振って溶かしてから使います。日常でも使える便利アイテムです。

もう一つが「重曹ペースト」。
こちらは脂が溜まってベタベタしたものに効果的。
重曹と水を2対1の割合で混ぜペースト状にします。
これだけ揃えれば準備OKです。

そもそも重曹って何?その特徴は?どこで買えるの?

先ほどもご紹介したように、「重曹」とは炭酸水素ナトリウム。
ここで重曹の特徴をいくつかご紹介しておきます。
まず、重曹には二酸化炭素の泡を発生させる「発砲作用」があります。
これは「酢」などの酸性の物質を混ぜることによって起こるもの。
発砲が汚れを取り除いてくれる効果があります。

そして、「消臭作用」。弱アルカリ性の重曹は、
酸性の持つ匂いを振り掛けることによって消してくれます。
キッチンでしたら、生ゴミにかければきれいに匂いを取ってくれる効果があります。
また、ものを傷つけない程度の「研磨作用」があり、
水垢などをきれいに取り除いてくれる効果も。

これだけでも重曹の効果がいかに素晴らしいかわかりますね。
そして、重曹はお求めやすいのもポイント。ホームセンターやスーパー、
100円ショップでも買うことができます。
安全に使えて、きれいにしてくれる重曹。これは使うしかないですね。

場所別、重曹を使ってキレイにする方法!

まず水垢がたまるシンクから。
こちらは、重曹をふりかけたスポンジを、少しの水でなじませて、
シンクを磨いていくと簡単に取ることができます。
重曹の研磨効果がシンクをピカピカにしてくれるのです。
市販の研磨剤より柔らかい重曹は、シンクを傷つけることがないので安心。

そして排水溝のぬめり取りにも重曹が活躍します。
掃除の仕方は、排水溝部分に重曹をふりかけてから、
酢をふりかけると炭酸ガスが発生して発砲しはじめます。
30分ほどそのままの状態にしておいてから水で流せば、
ぬめりも匂いもしっかりと取ることができます。

そして換気扇には重曹ペーストが活躍。
ペーストを汚れが気になるところに塗り、しばらく放置してから水で洗い流すだけ。
どれも簡単にできる手間いらずのお掃除方法です。

重曹を使って楽しくお掃除

いかがでしたか?重曹を使うと簡単に汚れも落とせて、
しかも環境にもとてもいいことがわかっていただけたと思います。

お掃除が苦手という方でも、使い始めてきれいになっていく様子を見たら、
お掃除が楽しくなるはず。年末のお掃除に限らず、毎日の必需品として、
「重曹」に注目してみましょう。

こんな記事も読まれてます

-掃除洗濯

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.