気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

恋愛・カップル

海水浴デート!荷物はどうする?海の家を利用??

更新日:

夏と言ったら、開放的なイベントがたくさんありますよね。

花火大会、お祭り、海水浴。

デートにぴったりなものばかりで、出かけるプランを練るのも楽しいものです。夏と言ったら海水浴、という方も多いですよね。

そこで、今年の夏は彼女と海水浴へ、と考えている方への、海水浴場の利用方法についてご案内したします。

どこの海水浴場に行くか、何を持って行くといいかも気になりますが、まず、荷物の管理が気になりますよね。

どこに荷物を置いておくべきなのか、また荷物のことばかり気にしていると、せっかくの時間も楽しめなくなってしまいます。

荷物や貴重品を預ける方法の一つとして、「海の家に預ける」という方法があります。料金はかかりますが、ロッカーに入れることができるので安心、そして安全です。

ただし、海の家によって用意してあるところとないところがあるので、事前に確認しておくといいですね。

レジャーシートの下に隠す

レジャーシートの下に穴を掘ってジップロックなどに入れたお金を入れるという方法も。ただ、埋めているところを見られないように慎重にしましょう。

またこういったアイテムも使って持ち歩いたり、管理することもできます。

こちらはちょっとの現金と鍵などが入るタイプ。密封されるので濡れることなく、また自分で持っていられるので安心して使うことができますね。

別のアイテムでちょっと高めですが、貴重品を埋めてしまうタイプのものもあります。結構な量が入り、また清潔に保つことができます。よく海水用に行くという方にはおすすめです。

そして何よりも、まず海水浴に行く時は必要以上の現金を持ってこないことです。

財布も普段使っているようなブランド物ではなく小さな小銭入れにしたりしてできるだけコンパクトにしましょう。また、車で来る場合、財布は車に入れておけばいいと思いがちですが、車上荒らしの危険性もあるので避けたほうが無難です。

海の家でできること!!利用方法は??

海水浴と言ったら海の家ですよね。

地域によってちょっとした違いはあるようですが、ここでは一般的な海の家でできることをご紹介いたします。

更衣室、ロッカーを利用する。

更衣室があるのでそこで着替えたら、ロッカーに荷物を入れて鍵を掛けます。鍵は自己責任で管理。 無くさないようにしましょう。ロッカーなら現金を入れたりできるので安心ですね。

シャワーを利用できる

温水シャワーがあり、場所にもよりますが、営業時間内なら何度でも利用することが可能なところが多いです。

これらのサービスを利用することができて、全て込みで1日1,500円ぐらいの利用料金がかかるというのが一般的です。ほとんどのところは、これらが全部セットになっていて、シャワーだけ、とかロッカーだけの利用は不可になっています。

これだけの施設が揃っていれば安心して利用できますね。

そして、海の家では、飲み物や食事が楽しめます。これはロッカー等を利用しなくても自由に買うことができます。海水浴で食べるかき氷や、ドリンク、食べ物もその海の家によって特徴的なものもあり、楽しみの一つにしている方も多いですよね。

荷物はどうする?もって行く物リスト!!

では、肝心な持ち物です。持ち物リストを使って慌てないようにしましょう。彼女と相談して分担できるものは分担したりお互いに確認するといいですね。

水着と着替え

まずこれは必ずですね。着替えるのが面倒だったら、きていくと便利かも。そして帰りの時に着る下着も忘れないように。Tシャツなど一枚余分に着るものを持っていくといいでしょう。

タオル

これも忘れてはなりません。ちょっと大きめの方が役に立ちます。バスタオルとハンドタオルがあるといいですね。

日焼け止め

思い切り焼きたいという方も多いかもしれませんが、紫外線は侮れないですよ。

サングラス

これも強い日差しから守るためにも必要。意外に目も紫外線のダメージを受けているといいます。また帽子も持っていきましょう。

シャンプー類、ボディーソープ

海の家にシャワーがあれば使うことができます。その時にあると便利です。体に染み付いた塩水や日焼けどもクリームを一旦綺麗に洗い流したいですね。

ビニール袋、ジップロック

何枚か用意して、濡れた服や水着をコンパクトに入れられるものを持っていきましょう。大小あると用途によって使い分けられます。

ビニールシート

レジャーには欠かせないビニールシート。寝転がったり、荷物を置くのにも便利です。重石に使うものとしてペットボトルなど持っていくものから活用するといいですね。飲んでしまったペットボトルに砂を入れれば、立派な重石になります。

ウェットティッシュ

これもあるととても便利。砂は手にもつきやすいですし、ウェットティシュがあれば、綺麗に拭き取りこともできます。

イヤホン

寝転がりながら楽しみたいのものといったら音楽。イヤホンがあれば好きな音楽に浸れます。でも自分だけの世界になってしまうので、スマホ用のスピーカーがあるといっしょに好きな音楽を楽しめます。

雑誌や本

横になってリソーと気分も味わえる本や雑誌もあるといいですね。

うちわ

暑さからちょっとだけでも解放されるうちわもあると便利。汚れたら困るような立派なセンスよりは、よく配られているようなものでいいと思います。

保冷バッグ

クーラーボックスは、ちょっと大きくと持っていけないという方、荷物をコンパクトにしたい方にはとても便利。ぬるくなりやすいドリンク類を保冷できます。

パラソル

車で行く方は是非持っていきたいですね。このパラソルの日陰にビーチでは癒されるのです。また海水浴場によっては、パラソルをレンタルしているところもあります。事前に確認して置くといいかも。

海水浴を楽しむために

事前にしっかりと準備をしておきましょう。そして貴重品や荷物の管理が一番きになるところですよね。今回ご紹介したようなものを利用して、安全で安心して楽しみましょう。

彼女との夏の素敵な思い出になるような演出をしましょう。

こんな記事も読まれてます

-恋愛・カップル
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.