気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

壁に落書きが!子供の仕業!?これって落ちるの!?

投稿日:2018年10月14日 更新日:

小さいお子さんがいると様々なハプニングがつきものですよね。
特に文字や絵を描くとこを覚えたお子さんなら、もう夢中になってあれこれかいてみていることでしょう。
芸術的?な作品の数々に親としても感心したり驚いたりしますよね。

でも紙に書いてね、と言ってもその通りにならないのが子供。
あらゆるところに落書きを発見、なんてことありませんか?特に壁はターゲットになりやすいようです。

クレヨンや、マジックのようにカラフルな色つきのものは特に描くのも楽しいので、いろいろなところに描いてみたくなるようですね。
子供からしてみれば大きなキャンバスのように感じてしまうのかもしれません。

無邪気な子供の些細ないたずら書き、とはわかっていても発見するママのとっては大ショック。
この汚れ、綺麗に落とす方法はあるのでしょうか?

どちらの汚れも厄介ですよね。
でも焦っていろいろなものをつけたりゴシゴシがむしゃらにこすってもさらに汚れを広げて余計汚い壁にしてしまうことに。

これを避けるためにも、クレヨンやマジックの性質を知って、的確なものを使えば落とすことができます。
今回は、これらの汚れを綺麗に落とす方法をご紹介いたします。
いざという時役立ててみてくださいね。

クレヨンの汚れ

まずはクレヨンの汚れの落とし方です。
クレヨンは油でできています。
これが汚れを落とすのをより厄介にしている点です。

油性のものを落とすには油性のものを使うというがポイントになりますが、そのほかすぐに対処できるものをいくつかご紹介いたします。

• 落書きの直後だったらドライヤーで
時間が経ったものには向きませんが、すぐに発見した場合は有効です。
落書き部分にドライヤーの熱風を当てて油分を柔らかくしていく方法。
温めたらすぐに乾いた布で拭き取って行きます。消しゴムを使ってこすっても落ちます。

• クレンジングオイルで落とす
油汚れには油汚れで対処。
それにはメイク用のクレンジングオイルが有効です。
これなら簡単にお家にあるものでできます。

用意するもの
• メイク用クレンジングオイル
• 乾いた布かタオルを数枚

まず、クレンジングオイルを布に染み込ませて、壁の汚れている部分を拭いていきます。
この時はオイルとクレヨンがよくなじむように、必ず乾いた布を使いましょう。
メイク落としシートでも大丈夫です。

そして汚れが落ちたら、今度は水拭きをして壁についたオイルを取り除き、再びしっかりと乾拭きをします。
これでOKです。

• 歯磨き粉を使って落とす
歯磨き粉でも落とすことが可能です。
こちらも簡単。

用意するもの
• 歯磨き粉
• 歯ブラシ
• 布2~3枚

歯ブラシに歯磨き粉をつけて、汚れた部分をこすっていきます。
こするときにはあまり力を入れすぎると歯磨き粉に入っている研磨剤の影響で傷がつくことがあるので気をつけましょう。

そして汚れが落ちたら、固く絞った布で水拭きし、その後よく乾拭きをして仕上げます。

マジックの汚れ

では次に、こちらも厄介なマジックの汚れです。
でもこちらにもいくつか方法があるので安心してください。

まず一つ目の方法は、
• エタノールを使って落とす
これは、紙や布素材の壁には適していないので、必ずビニール素材の壁の場合に使ってください。

用意するもの
• エタノール
• 化粧用のコットン
• タオル

コットンにエタノールをたっぷりと染み込ませます。
そしてそれを汚れている部分に当て、しばらくおいておきます。

その後、コットンを剥がし綺麗なタオルで拭き取ります。
このときこするようにではなく押し付けるように拭き取っていきましょう。
こすりすぎには注意です。

• メラニンスポンジを使って落とす
万能スポンジのメラニンスポンジも有効です。
汚れている部分をこすっていくと綺麗に落ちていきます。
こちらなら、紙、布素材の壁でも大丈夫ですよ。

また消しゴムも同じ要領で有効です。
この場合もこすりすぎると破けたり、壁にダメージを与えてしまうので注意しながら行いましょう。

• 専用アイテムを使って落とす

またこちらのような油汚れに強い、効果的なアイテムを使うのも一つの方法。
油性マジックの汚れはもちろん、台所にこびりついている油汚れを落とす効果もあるアイテム。

使い方も簡単なので一つあるといざという時とても便利ですね。
https://www.amazon.co.jp/3M-スリーエム-スコッチ・ブライト-シトラスフォームクリーナー/dp/B002YMJJHC/ref=sr_1_1?s=industrial&ie=UTF8&qid=1515405743&sr=1-1&keywords=マジック落とし壁

頑固そうな汚れでもきちんんと対処すれば大丈夫

突然発見する壁の落書き汚れ。
でも落ち着いて今回ご案内したような方法で試してみてくださいね。
落とす時は、焦らずそしてゴシゴシこすらないというところがポイントです。

子供にもつい叱りたくなったり、壁に書いてはダメ、と言ってしまいがちですが、子供にとってはどうしてダメなの?と納得してもらえないものです。

そんな時は、大きな紙の方がたくさんかけるよ、とか、壁には一つしかけないけど、紙ならいっぱいかけるよ、とか言って紙にかくことの良さを話してあげましょう。
そうすると意外に納得してくれるものです。

また、子供がお絵かきしているときに自分も一緒になって描いて、「紙だと一緒にたくさんかけるよねー」。
などと言ってともに楽しむといいかもしれませんね。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.