気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報 恋愛・カップル

6月の結婚式でちょうどいい羽織もの!

更新日:

6月の結婚式は梅雨でじめじめしがち。気温も暑かったり肌寒い日もあったりで、日常でも服装に困る時期ですよね。

結婚式となるとなおさら。湿気でベトベトして暑い!冷房が入ってて寒い!

そんな気候やお天気が不安定な時期は羽織もので乗り切りましょう。どんなものがあるかピックアップ!

スポンサーリンク

雨が多いこの時期は羽織もので調節しよう!

 雨の日の羽織ものといえばレインコート。といってもいろいろなデザインや形がありますから、フォーマルの服装にふさわしいものを選んだ方がいいですね。

レインコートにはとてもみえないオシャレなレインコートがたくさん出ています。フード付きのかわいいものよりは、トレンチ式のスマートな感じの方がフォーマルには合いそうです。

レインコートは熱がこもりやすくて暑くなってきますね。脱いだら汗でびっしょりなんて…。ですからなるべく薄手のものを選びたいです。そこそこ余裕があって、大切なのは袖口がピシっと閉まっていないこと。袖口が開いて余裕があれば熱がこもりにくくなってずいぶん違いますよ。

式場の中ではどうすればいいでしょうか。

薄手のカーディガンやボレロ、ショールなどを持参するというのがいいですね。

基本、結婚式のマナーとして肩出しのドレスはマナー違反となります。肩を出していいのは花嫁さんだけ。

ですから暑いからといってカーディガンやボレロを脱いで肩を丸出しにしてはいけません。

そのへんのところも考慮して、暑くなったら脱いでも大丈夫なドレスを着るようにしましょう。

持ってきてよかった!屋外で急な雨にも即対応できる羽織もの!?

薄手で簡単に折りたためるレインコートがあれば便利ですね。

アウトドアブランドなどは、軽くておしゃれで実用的なレインコートがたくさん出ています。フォーマルウェアはなるべく濡らしたくないですから、全身をすっぽり包み込めるものがいいですね。

子供なら行楽地でも使えそうなレインポンチョでも大丈夫ですね。軽くて薄くて便利。

カーディガンやショールなどでも一時的な雨対策にはなるでしょう。濡れてもいいもの、すぐに洗えるものを持っていくと何かと便利かもしれません。

まとめ

質のいいレインコートなどの羽織ものは、やはりお値段もお高い。でも一枚あれば結婚式だけでなくどんな時でも活用できるので、持っているととても重宝します。せっかくのフォーマルや晴れ着ですから極力守りたい。

「降るかな…?」と思ったら、しっかりと準備を整えて出かけましょう。多少荷物にはなりますが、後々後悔しないためにも。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報, 恋愛・カップル
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.