気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

イルミネーションを見に行くは英語だと意味が通じないよ!

投稿日:2017年9月7日 更新日:

イルミネーション

12月に入ると各地で見かけるイルミネーション。日本人なら誰でも一度はイルミネーションを見に行ったことがあると思います。

イルミネーションっていうぐらいなので英語でも同じだと思っていたら実は違うらしいです。かなり意外だったので驚きました。。。

実際にはなんていうのかと言えば。

イルミネーションを見に行こう!

って日本人相手なら簡単に意味が通じます。

「どこのイルミネーション見に行く?」って会話になっていくかと思います。

しかし、外国人に英語で伝える時イルミネーションという言葉を使うと全く意味が通じないらしいです。日本に長くいる外国人ならわかるのかもしれませんが、観光に来ている外国人などに言っても全く通じません。

なぜか?

イルミネーションを英語で言う

アメリカでイルミネーションって言えば、

Christmas lights

だそうです!なんだかそのままって感じです!でも、こう言わないと外国人には通じないので気を付けてください!

逆に、これを知っていて「Christmas lightsを見に行こう!」と言うと、外国人の方も「この人は英語分かってるな!」と思われること間違いなし!(多分です!笑っ!)

 

クリスマスのイルミネーションの時に注意

illumination」という英語はあります。でも、イルミネーションでは意味が外国人に通じない。それはクリスマスの時に使うイルミネーションの意味の違いのようです。

クリスマスの時は、上で書いた「Christmas lights」が一番伝わりやすい言い方のようです。

なぜ通じないのか

簡単に言えば、
英語でいうイルミネーションは「照明・明るくすること」が一般的です。

日本だと
イルミネーションは、クリスマスの時のライトアップのイメージとなります。

この違いを意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

勿論、英語が分かっている人なら
クリスマスの時に、イルミネーションとは言わないと思います。

まとめ

イルミネーションを見に行こう!

この英語が通じないのは結構意外に感じました。普段から当たり前のように使っていると、外国人にも通じるものだという間違った認識って出てきますね。

今回はふと気になって調べたことで、クリスマスのイルミネーションが英語では通じないことがわかり「知ったか」を免れることができました!笑っ!

この記事を見つけたアナタもこれで「知ったか」せずに済みますね!ドヤ顔で言ってやりましょう!笑っ!

 

 

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.