気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

年間行事

雛人形ってどこのメーカーがいいの!?久月と吉徳がやっぱりおすすめ

投稿日:2018年1月4日 更新日:

雛人形は女の子にとって一生に一回だけ買ってもらえるもの!

親にとって、そんな大事な雛人形選びって大変です!!せっかく買うなら、お子様やお孫さんが喜ぶ雛人形を選びたいですよね。

雛人形は、定価のつけ方がメーカーによってバラバラにつけられ、販売価格(値引き)で帳尻を合わせているように感じられます。
そんな中でも、やはり久月と吉徳は全国区だけあって販売価格もちゃんと設定されていて、安心して雛人形を選べるのではないでしょうか。

また、アフターケアに関しても、安心して購入を検討できますので、至れり尽くせりですね。

作者の名前しか書いていない人形メーカーもたくさんあるので、もし、販売店と連絡が取れなくなると、どこのメーカーか分からず、修理ができなくなってしまいます。

雛人形というのは、保証というものがほとんどないのでメーカーがどこのものなのかはっきり解ってから購入したいですよね。

そこで、久月と吉徳について調べてみました。

 

スポンサーリンク

久月の雛人形の特徴

 雛人形の個性はお顔で決まります。

雛人形にとって、一番大切なお顔から雛人形を比べて下さい。

  • 目がぱっちりとして可愛らしいお顔だち。
  • 少し幼さが残る、細面で大人びた表情。

古典的なお顔をした由緒正しい印象の久月の雛人形は、時代を経て長く愛される雛人形になっています。

そんな中、久月でも時代の流れに乗った作りのものも増えてきています。定番である段飾りも現在の住環境に合わせ、コンパクトで飾りやすいものに変遷しています。

昔ながらのものと現代の流れをも汲み取ったお雛さまは、この先何年もお子さまを楽しませてくれる大事なお道具になりますね。

毎年人気なのが、豪華桐製三段飾りです。

間口が90cmと、三段飾りなのにコンパクト。本格的なお衣装とお道具が、赤い毛せんの段飾りに飾られ、ひな祭りを一段と華やかに演出してくれます。

段飾りは軽い桐製の板を組み立てるだけでどなたにでも簡単にできます。

 

スポンサーリンク

久月の雛人形の特徴

現代にその雛人形の美しさを伝えている久月では、新しいサービスにも力を入れているところも特徴的です。

これを「Qプレミアム」と名づけていて、お子さんのお名前をお雛様の台座の後ろ側に刻印してもらえます。生年月日も入れてもらえるので、我が家だけのお雛様となります!

わが子の節句にこういう心配りはとてもありがたいですね。

そして、お雛様のきれいなお顔を収納時に痛めることがないようにごころ顔紙というサービスもついています。また、来年輝く表情をしたお雛様に会えるのが楽しみになります。

久月特性の美しく雅な衣装には、収納時に大変便利な富久布もついています。

人形を守るための工夫を久月が提供してくれるという辺りにも人形への深い愛情を感じます。

防虫対策も万全で、特性の防虫剤もついています。飾った時だけの美しさだけではなく、次の1年にも変わらぬ美しさを保つための久月の努力には感動してしまいます。

 

久月の概要

  • 創業、天保6年(1835年)
  • 178年の歴史をもち、日本で2番目に古い人形専門店の老舗
  • 本店は人形の街・浅草橋(東京)

企業方針は、「170余年の歴史と経験を活かした、自然で調和のとれた無理のない商品作りを大切にする」こと。

テレビCMの「にんぎょ~の久月」のフレーズは有名。

「Qプレミアム」として、一部の商品に、子供の名前と生年月日を刻印したプレートを付けている。「Qプレミアム」として、一部の商品に、村山 臥龍氏の直筆のサインを入れている。

雛人形の個性はお顔で決まります。

雛人形にとって、一番大切なお顔から雛人形を比べて下さい。

可愛らしくて目がぱっちりとしたお顔だち。細面で大人びたなかに少し幼さが残る表情。

古典的なお顔をした由緒正しい久月の雛人形はこれからも時代を経て長く愛される雛人形になっていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

吉徳の雛人形の特徴

会社全体が掲げているキャッチフレーズとして「人形は顔が命」ということは、一貫してその人形の顔立ちに表現されています。

  • 切れ長の目の愛らしく優しいお顔だち。
  • 細面で大人っぽく、きりっとした表情。

マスコット風のお顔でもなく、赤ちゃん系のお顔でもない正統派美人顔であり端正な顔立ちに作りこまれています。

人形に昔ながらの作風だけでなく現代の息吹も感じるのは、老舗というのれんだけにこだわらず、現代の感性も十分に人形作りに取り込んでいる吉徳の作風なのです。

創業300年の間培ったその「顔が命」という部分は現代にも引き継がれて、その優美な雛人形の表情を見ていると今にも語りかけてきそうです。

子どもの成長を真摯に見つめる親の心を人形のお顔に反映しているとも感じられるのです。

このお雛様のような表情ができる娘になってもらいたい・・と、吉徳の雛人形を眺めて感じる親御さんも少なくないでしょう。

昔ながらの雛人形をお探しの方にはぴったりな吉徳の雛人形を、是非一度ごらんになってください。

 

 吉徳のサービスとして・・・

オンラインショッピングで雛人形を購入されると、赤ちゃんやお嬢様のお名前生年月日入りのスタンドがプレゼントで付いてきます。 

返品交換については、万全を期して発送している商品について破損していた場合や、汚損していた場合については、商品到着後7日以内のご連絡で返品および交換が可能です。送料は店負担になります。

また、注文したものと違うものが届いた場合にも同様になります。まずは届いた商品をすぐに確認しておくことが大事です。

 

吉徳の概要

  • 創業、正徳元年(1711年)
  • 302年の歴史をもち、日本で最も古い人形専門店の老舗
  • 本店は人形の街・浅草橋(東京)

創業以来一貫して、

「吉徳の人形を愛し、これを育てて下さるお客様一人一人の「心」を大切にしたいという気持ちを込めて人形を創っている」会社。

テレビCMを放映。「顔がいのちの吉徳~」のフレーズは有名。昭和初期から収集した古今東西の人形玩具に関する資料を「吉徳これくしょん」として保存している。

ぬいぐるみの製造販売(全売上高55%)なども手がけ、積極的な事業展開をしています。

 精魂込めて作られた吉徳の雛人形は、お子様を大切に育むやさしいご家族の思いを受けとめ、その表情に映し出しています。

だからこそ「人形は顔がいのち」なのです。

吉徳では、日本古来の“伝統”に特に心を注ぎ、また常に古典美を追求しながら人形を製作しております。

 

 

最後に

雛人形は・・・一年に一度の雛祭りにしか飾らないのものですが、毎年毎年お子様の成長を実感し、また健やかな成長を願う古来からの大切な行事の道具です。

納得のいく、お雛様を探してみてくださいね!

雛人形が皆さまご家族の幸せを紡ぐ存在でありますように。

雛人形をコンパクトにしたい!7段をリメイクするなら3段が華やか!
所要時間: 323

3月3日は雛祭り! お宅にある雛人形は、どなたが買ったものですか。お母様が、あなたのために用意してくれたもの?それとも、お祖母さんの、そのまたお祖母さんの代…? もし、自宅に立派な七段飾りがあれば本当 ...

こんな記事も読まれてます

-年間行事
-,

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.