気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

花火を打ち上げる意味とは?!知ればもっと楽しめる!

投稿日:

夏の恒例のイベントと言ったら花火大会。夏の夜空を素敵に彩ってくれる、大きくて美しい花火は映えますよね。

そして花火はとってもロマンティック。デートコースにも最適ですし、シーンをより一層理あげてくれるもの。花火には、ビールや屋台のたこ焼き屋、焼きそばがつきもの。と、食べ物ばかりになりますが、もちろん、浴衣が似合います。

花火大会を口実に浴衣を着るという方も多いのではないでしょうか?女性が着る浴衣はもちろんのこと、男性が着ると粋な雰囲気が出て格も上がりますよね。

また、イベントで見る大きな花火ももちろん美しいですが、お家で家族とする花火も綺麗なもの。繊細で儚さがある線香花火はなんだか趣もあって素敵です。夏の思い出として、独特の火薬の香りとともに残っているのではないのでしょうか?

その夏のイベントとして欠かせない「花火」。

でもこの花火には何か意味があるのでしょうか?そしてはじまりは一体いつ?起源はどこ?などという疑問も湧いて来ますよね。夏イコール花火というのを、おきまりのように思っている方がほとんどだと思います。

もちろん、夏に花火はぴったりなのですが、それについては理由があるようです。花火大会を楽しむのだから、ここでをの意味を知っておきましょう。

花火大会のイベントは、大体、7月から8月開催するところが多いですが、特に8月お盆のあたりが多いような気がしませんか?

それには花火とお盆は深い関係があるからなのです。

お盆には、先祖の霊が帰ってくるといわれます。その期間は8月の13日から16日。13日に家に帰ってきて、また16日になると戻る、ということです。

この祖先の霊が行き来するお盆に、迷わずにたどりつけるようにということで、目印のために火を焚くという習慣があります。

13日はに、目印として迎え火を焚く迎え盆、そして16日には先祖の霊を送り出すための送り火を焚く送り盆と言います。

お盆の伝統的儀式でとして昔から続いているもの。これに結びついているのが夏の花火というわけです。有名な京都の大文字、灯籠流しは送り盆の一つということですね。

また、隅田川で毎年行われている花火大会も有名なものですが、これは元々、江戸時代の当時の将軍徳川吉宗が、病気や飢饉などで多数の死者が出ていた時に花火を披露して亡くなった人の霊を慰めたのが始まりだそうです。そうするとこちらも送り盆の一つということになります。

夏のお盆と密接な関係にあったのが花火ということなのですね。花火大会がなぜ夏に多いのかもこれが理由と言えるでしょう。夏の花火の幻想で神秘的な感じがより一層深まりますね。

最初の打ち上げはいつ?

では花火の歴史についてもここで触れて見ましょう。では花火の歴史とは?いつからどこで始まったものなのでしょうか?

花火は中国が起源と言われていて、5世紀からと言われています。硫黄、硝石と炭を交ぜて燃やすと、爆発が起こる、火薬ができるということが発見されて、そこから花火というものが始まっていったようです。

ただ、当初は現在のような観賞用の花火ではなくて、戦いのための、のろしとして使われていたようです。それが始まりとなり、やがて日本にも火薬と鉄砲が伝来されたことにより、広まっていくことになります。

はじめは日本でも、のろし、鉄砲、そして大砲など戦いのために使われました。鑑賞用に作られるようになったのは、のち1613年で、徳川家康のために初めて披露されたと言われています。

これを見た家康が、花火の美しさに感動し、鉄砲隊に花火の製造を命じました。そして観賞用の花火がたくさん作られ売られるようになったということです。

また、伊達政宗が日本で初めて花火を見た、という説もあるそうです。それによると、1589年に、米沢城で中国人が献上した花火を見た、とされています。

何れにしても、時を経て改良に改良が重ねられ、今現在私たちが見ることができるあの美しい花火へと変化していったわけですね。

花火の種類にはどんなものがある?

せっかく花火を見に行くのなら、花火についてどんな種類があるのか知っておくとより楽しめますよね。花火には、花火には大きく分けて、「割物、ポカ物、型物、仕掛け花火」といった種類があります。

「割れ物」とは

一般的な日本の打ち上げ花火のことです。丸くて大きく開く美しいものですよね。これが花火を一番身近に連想するものではないでしょうか?

「ポカもの」とは

ポカッと球が2つに割れて星や細工を放出するものです。「柳」や「蜂」などが有名です。

「型物」は

花火でハートマークやスマイルマークなどの図形や、文字などを作り出すものです。ユニークなキャラクターものも最近は観ることができます。

「仕掛け花火」は

複数の花火を使用したりして仕掛けをほどこし他花火。スターマインやナイアガラが有名ですね。

今すぎにでも見に行きたくなる花火

花火には長い歴史があり、深い意味がありそれを今私たちが楽しんでいるというわけですね。

これらの意味を知った上で見る花火、はより一層感動を与えてくれるものになりますね。早速花火大会へ出かけてみましょう。

花火大会で告白が失敗しないための対策!これさえ読めば成功間違いなし!?
所要時間: 429

きになる女性をデートに誘いたい。映画を観に行く、食事に行く、など色々なシーンが思い浮かびますが、イベントへの誘いって意外とドキドキするしハードルが高そうですよね。 カップルに人気のイベントごとと言った ...

初デートで花火大会に誘うのはあり?OKは付き合う前なら脈あり!?
所要時間: 430

好きな子がいるけれど、初デートに誘うタイミングって難しいですよね。 どんなシチュエーションで誘おうかな、とか、どこに行こうかなとか色々考えてしまうもの。 人気のあるデートコースと言ったら、映画館、遊園 ...

 

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報
-

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.