気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

ハロウィン

どうして流行り出した?ハロウィンは何月何日?

投稿日:2018年5月22日 更新日:

ハロウィンはもすっかり日本でも定着してきたイベントですよね。

10月に入ると街中、お店などでは、ハロウィンを意識したデコレーションを目にします。可愛らしいデコレーションやアイテムがお店に並ぶとつい欲しくなってしまいます。

ディズニーランドでも、ハロウィンイベントはクリスマスに次ぐ、一大イベントとして大々的にお祭りモードになっています。

ところでこのハロウィン、いつか正確に知っていますか?

ハロウィンは、毎年10月31日に行われているイベントです。

今では、子供だけでなく、むしろ大人が仮装をして街を練り歩く的にイベントに発展してきましたね。

そもそも、このハロウィンが日本に定着したのはいつごろからなのでしょうか?

私の記憶ではここ十数年の間のことだと思います。

先ほどもちょっと触れた、ディズニーランドとUSJのハロウィンイベントあたりから定着してきたようです。これらのハロウィンイベントは、2000年あたりから始まり、徐々に世の中に浸透して行ったと言えると思います。

ハロウィンをテーマにしたパレードやイベントで、パーク内もハロウィン一色に飾り付けられ、楽しくてわくわくするようなイベントにディズニーファンも魅了されて行ったようです。

また、お菓子メーカーや企業が仕掛けたことも要因の一つ。

お菓子メーカー、そして企業がハロウィンに目をつけたのがちょうどその頃。

たしかにハロウィンのお菓子は、オレンジと黒のデザインが可愛らしくて、ユニークでもあるので、徐々に人々に受け入れられ定番化していったのもわかるような気がします。

急に、というわけではなくじわじわと知名度を上げて行ったようですね。ちょうど節分の恵方巻きが全国的に広がって行った状況と似ていますね。

また、これもいかにも戦略っぽいなと思うのですが、ちょうど季節イベントの境目だったから、ということもあります。

8月は夏関連の花火大会などのイベント、そして12月はクリスマスがあります。

が、10月や11月の秋のシーズンに大きなイベントがないですよね。そこで、丁度その合間にハロウィンイベントがぴったりとあてはまったというわけです。何もないよりも、いいかもしれませんね。

そしてハロウィンといえば、コスプレ。

参加する方はそれぞれ思考を凝らしたコスプレに身を包みそれがどんどんエスカレートしている感もありますが、このコスプレ文化の人気もハロウィンに拍車をかけてきたといえます。

コスプレイヤーにとっては、ハロウィンも自分を表現できるお祭り、というところでしょうか。

スポンサーリンク

 

ハロウィンのいわれを調べてみた!

というわけで、今や日本国民でハロウィンを知らない人はいなくなりました。

が、そもそもハロウィンとは、というところを見ていくと、本来、ハロウィンは古代ケルト人の間で行われていたもの。

当時のハロウィンは、10月31日に先祖の霊が現世に帰って来るのをお迎えするという儀式でした。

日本のお盆と同じような意味合いの行事ですね。なぜご先祖様をお迎えするのかの動機が、まったく違います。

日本では、ご先祖様おかえりなさい、という形で受け入れているというのに対して、古代ケルト人は、きちんともてなさないと災厄がふりかかるよ、とマイナスな気持ちでした。

しかしその後、ハロウィンがアメリカに渡って流行しだしたころに、子どもたちが近所の家を周って「Trick or treat トリックオアトリート!」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)と言ってお菓子をもらい歩く、という文化に変わってしまいました。

理由は不明ですが、アメリカに移ったときによりイベント的な行事へと大きく変わったようです。

現在日本で行われているハロウィンは、アメリカのものをベースにしています。

日本のハロウィンで行われているのは

  • 仮装する
  • パーティーをする
  • お菓子やカボチャ料理を食べる

などですね。中には、本格的に仮装をして街に出かけるという若者も多いですね。毎年ニュースで取り上げられるほど。

一人ではちょっとはずかしいけれど、みんなでやれば怖くない的な考えとか、思い切りいつもと違っとことをしてストレス解消?しているのかもしれません。

個人的には、面白くて楽しいイベントなのかもしれませんが、街中でコスプレする場合は、きちんと節度を持ってただの大騒ぎイベントで終わらせないほうがいいかな、なんて思います。

皆さんはどう思いますか?

日本で急にハロウィンイベントが流行り出したのはなぜ?

 ハロウィンの流行の仕掛け人は、先ほど挙げたように、

  • ディズニーランドやUSJのハロウィンイベント
  • お菓子メーカーや企業の戦略
  • 季節のイベントの境目を埋めるために
  • コスプレ文化の浸透

などが考えられます。

これらがちょうどよく受け入れられたからなのではないでしょうか?

またSNSの広がりにより、写真を撮って載せたり、こんなことをして楽しんでます、的なアピールをするのにハロウィンはちょどいいイベントと言えるのかも。

仮装などをして、ちょっと日常から外れた体験ができる一日、というのが流行りのきっかけではないでしょうか?

今年のハロウィンにはコスプレ?パーティー?ディズニー?色々試して見たい気もしますね。

こんな記事も読まれてます

-ハロウィン

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.