気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

正月

古い年賀はがきって使えるの?古い年賀はがきの再利用方法!

投稿日:2018年11月7日 更新日:

古い年賀はがきを家にため込んでいるものの、
処分するのがもったいなくて、
そのまま家の片隅に放置している方って、
割と多くいらっしゃるのではないでしょうか?

このように使われなかった年賀状!
なんとか利用できたらいいですよね。

という事で、今回は古い年賀状の利用の仕方について
何かいい方法がないか調べて見る事にしました。
きっと、いい方法があるはずですよ!!

捨てるのはもったいない!古い年賀はがきの再利用法って何がある?


毎年、買ったはいいが使い切れなくて溜まってしまった年賀状の利用法、
「なんか良い方法はないの?」と思われている方、それがあるんです!

具体的にどんな方法があるのか?
簡単に箇条書きしてみるとこんな感じになります。

1:郵便局ではがきや切手に交換してもらう
2:懸賞などの応募用はがきにする
3:買取店にもっていって換金してもらう
4:NPOなどの非営利の社会貢献団体に寄付する

等が考えられます。
これらを具体的に見ていきたいと思います。

年賀の文字を2本線で消すのがマナー!額面があえば普通はがきとして使える!

1:郵便局ではがきや切手に交換してもらう
ですが、実際に交換する時には1枚につき5円の手数料がかかってしまいます。
その時交換してもらえるのが切手やはがきなどです。
年賀状は、溜まったままにしておいてもそれだけでは無駄になってしまします。
そのことを考慮するとたとえ手数料がかかるとしても
はがきや切手に交換してもらう価値はあると言えるでしょう。
その時、未使用の年賀状に限らず、書き損じた年賀状でも交換してくれます。

2:懸賞などの応募用はがきにする
年賀状には「年賀」と記載されていますが、
お正月の他にも普通のはがきとして使用できます。
特に懸賞応募なんかで大量にはがきを使用するのであれば、
使わなかった年賀はがきを利用するのはとてもいい考えでしょう。

でもその際に、一つ注意しなければならない点があります。

「年賀」と印刷されている箇所を二重線で消してから投函しないと来年の元旦に
到着することになってしまいますので注意してください。

また、懸賞マニアの人たちの中には前もって年賀はがきを大量に買い込んで、
お年玉年賀が当選してるかを見て楽しんだ後に外れたものを
懸賞はがきに使うという豪胆な人もいるようです。

3:買取店にもっていって換金してもらう
使用していない年賀状は買取ショップで買い取ってもらえます。
ですが、年賀状を出す季節、特殊印刷のもの、
キャラクターが入っているもの等により
買取価格は上下するので、気をつけて下さい。

4:NPOなどの非営利の社会貢献団体に寄付する
ユニセフの様な多くの機関やNPO法人は、
未使用や書き損じの年賀状を寄付として広く募っています。

これらの年賀状がなぜ寄付になるのかその理由は、
年賀はがきの交換手数料はそれぞれの団体や法人が支払うものの、
その際得られる切手などを換金してそれを支援金として利用できるからです。

ケースによりますが、今年の年賀状のみならず
去年や昔の年賀状でも買取に応じてくれたり
寄付として受け取ってくれるところもあるそうです。

古い年賀状や郵便はがきの払い戻しや交換する場合


全て未使用の以下の郵便はがきの場合
・古い年賀状
・郵便番号が5桁のはがき
・郵便料金が40円、41円、50円、52円等の今の62円とは異なるはがき
・郵便往復はがき
・書き損じはがき
・写真印刷を施したが使用しなかったはがき

以上のはがきについて、郵便局はどのような対応するのか?

<アンサー>
最初に、払い戻しには全て応じてもらえません。

郵便番号記入枠が5桁のもの、古い40円、41円、50円、52円などのはがき、
書き損じのはがきや使用しなかったはがきなどを現行の62円のはがきあるいは切手に
交換するには、1枚手数料5円の他に、交換差額(例えば40円はがきの場合22円、
50円はがきだと12円)がかかります。

年賀はがきは52円なので交換差額は先の例だと
(40円はがきだと12円、50円の場合2円)
+手数料5円で普通のはがき、年賀状あるいは切手に交換してもらえます。
往復はがきは1枚10円の手数料が必要です。
また、交換したいはがきが大量にある場合は、
新品のはがきあるいは切手の総額分から交換差額分を差し引いて余は切手や
現金で支払う方法もあります。

◆交換する時に注意しておく必要のある点
① 年賀はがきで「あて所に尋ねあたりません」
または「転居先不明で配達できません」などと、
赤いスタンプがはがきの表面に押されているものは、
消印がなくても「使用済み」と同じになるので、
このようなスタンプのあるはがきは交換してもらません。

② 交換は、基本、郵便局郵便窓口のみで行っているので、
郵便事業会社の「ゆうゆう窓口」、株式会社ゆうちょ銀行と
株式会社かんぽ生命の窓口では交換してくれません。
郵便局の貯金そして保険の窓口も交換不可です。

まとめ

余った年賀はがきや古いはがきが溜まってくると邪魔ですよね。
郵便局に行くのも面倒だけど、部屋の中の整理をできて、
全額ではないにしろお金も少し戻ってくるのはちょっと嬉しいかも!
あなたも家の中をチェックしてみて買い物帰りにでも
郵便局で要らない年賀はがきなどを交換しに行ってみてはいかがでしょうか!?
きっとスッキリしますよ!!!

こんな記事も読まれてます

-正月

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.