気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

正月

古い年賀ハガキは使えるの?金額が違う時代のハガキはどうなる!?

投稿日:

毎年、年賀ハガキって足りなくなると困るから
少し多めに購入しますよね?
その習慣が毎年毎年繰り返されると、
古い年賀ハガキが溜まってくる方も多いでしょう。

そんな時、もう年賀ハガキとしては使えなくなった
古い年賀ハガキの処分ってみなさんどのようにされていますか?
まさか、そのままゴミ箱へポイなんてことしていないでしょうね!?
そんなときの良い方法、今回ご紹介していきたいと思います。

とても古い年賀ハガキを発見!でも金額が今のと違っている!これってどうなる!


今年も年賀ハガキを書こうと、机あるいは年賀状を
管理している箱を開けると昔の古い年賀状が出てきて
処分に困るなんてことありますよね?

しかも、額面金額も現在のものと違ってたりして、
「これってどうすればいいの!?」って、思わず興奮して慌てちゃいますよね?
も、慌てる必要はありません。
年賀状は古くなっても投函していなければ、その価値はなくなることはありません。
しかも、書き損じであろうがなかろうが、その価値は同じなのです。

差額分の切手を貼ればハガキとして使える!手数料を払えば交換も可能!


ただし、古い年賀状を新しいものに交換してもらう際は手数料が発生します。
その額一枚につき5円です。

この額が高いと見るか安いと思うか、
あるいは妥当とみるか人それぞれだと思いますが、
この額は、ハガキの紙代と考えると納得しやすいのではないでしょうか?

つまり年賀状、あるいはハガキは、紙代と郵送代が込みで
現在の価格になっていると考えると理解しやすいでしょう。

また、古い年賀ハガキはもう年賀ハガキとしては利用できなくなるので、
懸賞応募用のハガキにする人もいます。
その時、必ず年賀の文字を二重線で消すようにすると配達する人も
分かりやすくなって良いのではないかと思います。

その他に、年賀ハガキがもっと古くて新しい年賀ハガキよりも
額面金額が安い時は、足りない金額分の切手を貼ると
普通のハガキとして利用できます。

ただし、年賀ハガキなので見た目は通常ハガキではないので、
もっぱら懸賞用に使うという人が多いと思われます。

あるいは、一筆年賀はがきを使っていることについて断りを入れて、
普通ハガキとして使用する人もいるようです。

それよりも、手数料を払って、新しいハガキと交換してもらうという人は、
古い年賀状を交換する時に、新しいハガキの交換枚数を減らして残額は切手を購入して、
手数料分を切手で相殺するという、その結果現金を払わずに済むなんて裏技を使う人もいます。

ハガキの交換の時の手数料は、「現金」で支払わなければならないと
思っている人もいるかと思われますが、「切手」で支払うことも可能なのです。

その場合のシミュレーションを紹介します。

<例>
古い未使用の52円の年賀ハガキ10枚を62円のハガキ5枚と切手にして
その切手の中から50円切手で手数料を支払う場合。

古い年賀状  52円×10枚=520円
新しい年賀状 62円×5枚=310円
82円切手   82円×1枚=82円
50円切手   50円×2枚×100円→1枚を手数料として払う
10円切手   10円×2枚=20円
2円切手    2円×4枚=8円
計 520円

ここから手数用5円×10=50円を50円切手1枚で払う。
すると、実質470円分の年賀状と切手を購入できます。
郵便局も520円分の古い年賀状から手数料5円×10枚=50円を50円切手として徴収して
470円分の新しい年賀状と切手を購入者に渡して両者の計算が合います。

◆交換可能なハガキや切手の類
交換可能なハガキや切手類は、
郵便局で通常販売を行っているものに限定されています。
それらは以下のものになります。

・切手(弔事用切手を含む)
・通常ハガキ、往復ハガキ(その他の郵便ハガキ)
・特定封筒(レターパック封筒)
・郵便書簡

年賀はがきって換金できるの?


今ではメールやSNSの発達によって、
不要になった年賀はがきを他のはがきや切手に交換しても使うことが
なくなってしまったなんて状況が増えてきたのではないでしょうか?

わざわざハガキや切手に交換したのに、
使い道が無いなんてことになれば意味ないですよね!
であるなら、何か良い方法はないものか?って思いますよね!?・・・あります!

以下で、古い年賀はがきを「換金」する上手いやり方をご紹介しましょう!

・通常の「切手」に換金した後に、金券ショップや切手買取店で換金してもらう
切手はハガキよりも需要が見込めます。
切手だと、はがきや封筒に貼るだけで使用できるからです。
郵便局で、古い年賀はがきを通常の切手に交換してもらいます。
それから、その切手を金券ショップや切手買取店で買い取ってもらうのです。

・古いハガキをオークションに出品する、あるいは買い取り専門店に買い取ってもらう
年賀はがきは各年代の物を収集している人が多くいるので、
オークションに出品してみるのも一案です。
中にはプレミアがついているものがあるので、高値で売買されることもあり得ますよ!

まとめ

以上、古い年賀はがきについて有用な情報をまとめて紹介してきました。
今回の記事を読んで、古い年賀はがきを処分するのがもったいない気がした方も
いらっしゃるかもしれません。
もし、古い年賀状が沢山余っている、沢山ではないが余っている人も、
何かのついでに郵便局に行く事があれば、その年賀状を交換してもらいましょう!

こんな記事も読まれてます

-正月

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.