気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

掃除洗濯

服が縮む原因って!?これさえ知っておけば洗濯も怖くない!

投稿日:

誰でも洗濯で失敗した経験はあるかと思います。

私も、お気に入りのセーターが縮んでしまったりしてショックを受けたことがあります。縮んでしまうと元の戻すことは素材によってはとても難しいのです。クリーニングに出しておけばよかったかな、と後悔しても遅いですよね。

気を付けて洗濯をしているつもりでも起こってしまう、こういったうっかりミス。自分できちんと洗いながら、そしていつまでもお気に入りを着ていたいものです。

そこで素材についてもっとよく知り、縮むことの原因、そして洗濯の仕方を知っておけば大丈夫。失敗しない洗濯ができます。

今回は、衣類の洗濯について、素材と縮む原因、そして上手な洗い方についてまとめてみました。お家での衣類の洗濯に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

【素材別】服が縮む原因

洗濯すると縮みやすい素材はいくつかあります。ここで素材別にご紹介いたします。

ニットなどのウール生地のもの

縮みやすいといえば、この素材が一番多く聞かれる洗濯失敗例としてあげられるのではないでしょうか。実際、動物の毛からできているウールは、最も縮みやすい素材です。

毛の繊維の表面は、うろこ状に繊維を覆っている、スケールと呼ばれるタンパク質素材になっています。これは水に濡れると開くという特徴があり、ちょうど人の髪のキューティクルと同じ性質です。このスケールの性質が縮む原因となっているのです。

これはウールが水に濡れた状態では開いてしまうので、洗っている時に絞ることにより、スケールが絡み合ったまま乾いてしまうことにより縮んでしまいます。

レーヨン素材のもの

レーヨン素材は、木材のパルプを絹に似せて作った自然素材です。これは女性の下着や、服の裏地によく使われているもの。確かにツルツルとした絹のようですよね。

レーヨンは、水につけると膨らみ、太くなるという特徴があり、そのことによって繊維同士の間隔が狭くなったままで乾いてしまうことが原因になります。

綿(コットン)素材のもの

こちらはシャツ、Tシャツ、タオルなど一番身近な素材ではないでしょうか?綿素材は丈夫で洗濯しやすい素材ではあるのですが、収縮性がある分、洗濯によって伸びやすく、また縮みやすい素材でもあるのです。これは、綿の製品の製造過程で、強い力で引っ張るということが要因に。

このことによって、元に戻ろうとする力が発生します。そして綿は吸水性が良いので、狭まった状態のまま乾いてしまうことにより縮んでしまう、というのが綿製品が縮む原因です。

デニム生地のもの

デニム素材も縮みやすいと言われています。ただ、こちらは縮んでも、何度か履いていくうちにまた元に戻るので、さほど心配はいらないでしょう。

スポンサーリンク

縮まないように洗う方法

ではこういった縮みやすい素材は、どのように洗濯をすれば良いのか悩めるところですよね。でも、きちんと洗えば、クリーニングに出さないでも、縮まずにすみます。その手順をご紹介いたします。

基本は手洗い洗濯

ニットなどの縮みやすいデリケートな服は、手洗いすることで生地を傷めずに洗うことができます。洗剤は、素材にあったものを選び使うことがポイントです。また、手洗いでもみ洗いをする時に、力をいれすぎると、生地同士が絡み合い堅くなって縮んでしまいます。

なので、扱うときは優しく、そして洗剤もあったものを選びましょう。

コットン素材のものは、通常の洗濯通り、洗濯機で洗って大丈夫です。

脱水せずにタオルドライする

そしてもう一つのポイントは、脱水をしないでタオルドライをします。タオルドライの方法は、乾いたタオルで衣類を挟んだり、丸めたりしながら水分をタオルに移すようにしていきます。特にニットやシルクなどの素材のものには有効です。優しくタオルドライすることで乾きやすくなります。

平干しする、または陰干しをする

干すときは、ニット類は平干しにしましょう。平干しネットなどを使い生地を伸ばさないようにして干します。ネットは100円ショップなどでも買えますよ。

ハンガーを使う場合は、太めのハンガーを使って生地が伸びないようにしましょう。

また、ニットのデザインによっては、ハンガーにかけて干すことで伸びてしまうので、そのときは平干しがオススメです。コットン素材のシャツなどは、ハンガーにかけて陰干しにしましょう。

これらを気をつけることで、綺麗に、しかも縮むことなく自分でも洗濯をすることができます。早速できそうですね。

自分のお気にアイテムは自分で上手に洗濯

一度洗うのに失敗してしまうと、自分で洗うことに抵抗してしまうものです。でも、ご案内したようなことをフォローしていけばきちんと縮むことなく洗いあげることができます。

洗濯のポイントは、洗濯する時とそして干し方です。ちょっとしたことに気をつけるだけで、愛用の衣類をいつまでも愛着を持って着続けることができます。

自分でするおしゃれ衣料の洗濯を、より一層楽しんでみてくださいね。

こんな記事も読まれてます

-掃除洗濯

Copyright© 知ったか , 2018 All Rights Reserved.