気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

フリクションはきれいに消えない!?

投稿日:2019年6月14日 更新日:

消えるという概念の無かったボール
ペンの文字が消せる!という画期的な
アイテム、フリクションのボールペン
でも、「いざ消そう!」と消してみると、
うまく消えてくれない…。
きれいに消える方法と注意点をご紹介
します!

フリクションできれいに消える裏ワザ!


フリクションとは「摩擦」の意味を持つ
単語で、その名のとおり、摩擦熱で書いた
文字などを消すことができます。
フリクションのインクは、65℃以上の熱で
確実に色が消える仕組みのようです。
なので、普通に鉛筆の字を消しゴムで
消すときのような動きではなく、ペンの
上についている専用のラバーで、小刻みに
動かすのが綺麗に消すコツみたいです!
動きが大きいと、摩擦熱も冷めやすく
なってしまうようなので消し方にもコツ
が必要なようですね。
「フリクションイレーザー」という専門
の消しゴムも販売されているので、キレイ
に消せなくて困ってる場合は試してみるの
も良いですね。
また、ドライヤーの熱やアイロンの熱でも
インクを消すことができるので、広い範囲
を一気に消したい場合は利用してみるのも
いいですね!
温めすぎると、紙が茶色く傷んでしまう
こともあるようなので、加減を見極めて
くださいね。

フリクションはこう使うと超便利!?


書いた文字が消せる!というだけでも便利な
ことには違いありませんが、その「消せる」
という特性を生かした使用方法もあります。

まず、絵描きさんの間で一時期話題になった、
下絵の線での利用方法!
アナログで絵を描く場合、大体の人は鉛筆
やシャーペンで薄く下書きし、その線をもと
にペン入れをしたあと、消しゴムで線を消す
…という方法をとるかと思います。
しかし!フリクションで下絵を描いた場合、
ペン入れした後、ドライヤーで絵全体に
温風をあてると、あっという間に下絵の線が
消えてしまうのです!
消しゴムをかける時間も短縮できますし、
とても効率的ですよね。
次にご紹介するのは、手芸でチャコペン
代わりに使う方法!チャコペンの要領で
線を引き、作成完了後にアイロンをかければ、
今まで洗って落としていた線が簡単に消えて
しまうのです!
これもまた時間短縮につながる良い方法
ですよね!
最後に、フリクションには蛍光ペンの
シリーズもあります。学生時代って蛍光
ペンをよく使いますよね。
教科書の内容が全部重要に思えて、蛍光
ペンの線まみれになった人もいるのでは
ないでしょうか。
フリクションであれば、引きすぎた線を
消せるのももちろんですが、テスト勉強で
覚えたい単語や文に線を引いておき、暗記
できたら線を消していく、なんて勉強方法
もできますね。

便利なフリクションですが、日常生活の
思わぬところで書いた文章が消えてしまう
おそれもあります。
熱くなる可能性のある場所には絶対
置かないようにするなど、保管には
注意することが大切ですね。
-20℃以下で色はもとに戻るようなので、
もしも復元したい場合は冷凍庫に入れて
みるのも手かもしれませんが、紙が傷む
ことは間違いないので、大切なことを
書き留めるときには必ず消えないペンを
利用しましょう!
(補足しておくと、公文書でのフリク
ションの利用は認められていません。)
現代はスマホ社会になっていますが、
うまくフリクションを活用して、書く
ことの楽しさを感じてくださいね!

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.