気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報 掃除洗濯

エアコンで洗濯物を乾かす時ってみんなどうしてる!?

投稿日:2018年8月26日 更新日:

寒いこの季節!

晴れていても洗濯物がなかなか乾かなくて困っちゃう・・・

なんてことはありませんか?

 

空気は乾燥しているものの、

なかなか洗濯物が乾かず

取り込む時に生乾きの洗濯物

ガッカリすることもしばしば。

特に、雪が降って陽射しの少ない日

なおさらです!

 

そこで、仕方なく部屋干しにする日が

増えるのではないでしょうか?

この部屋干し、効果的なエアコンの使い方がある

ってご存知ですか?

 

そこで、今回はエアコンを使って、

乾き難い洗濯物効率的な部屋干しの方法

まとめてみました。

 

エアコンで洗濯物を乾かす時は暖房?ドライ?

部屋干しすると洗濯物が乾きづらいし、

せっかく洗ったバスタオルや服が

臭くなることもあるので気になりますよね。

 

冬場は暖房にエアコンを使っている方も多いので

部屋干しはエアコンをつけて

行なっているという方も多いと思いますが、

上手に使わないと洗濯物なかなか乾かなかったり

部屋の中にカビや結露が発生する原因にもなります。

 

部屋干しで洗濯物を干している場合は、

洗濯物から水分が蒸発して

室内にたまりやすくなり、

湿度は10~20%も上がると言われています。

 

エアコンの暖房を使うと、

温風が出て部屋の温度が上がるので、

曇りの日の外干しなどに比べて

多少乾きやすくはなりますが、

発生する水蒸気が部屋の中にたまるので、

完全に乾くには時間がかかります。

 

また、閉め切ってエアコンの暖房を使っていると、

水蒸気の逃げ場がなくなりますので、

湿度と気温の上昇により、

ますますカビの生えやすい環境になります。

 

そこで、有効なのがエアコンドライ機能です!

 

ドライ機能を使うと部屋の中の水分を外に逃がしてくれて、

乾いた空気を部屋の中に取り込んでくれるので

洗濯物が乾きやすくなるのです。

 

冬場は乾燥しているので、

ドライ機能を使うことは少ないと思いますが、

洗濯物を早く乾かすことを考えたら、

エアコンの暖房よりドライ機能を使うようにしましょう。

 

ただし・・・

エアコンのドライ機能を使うと

洗濯物が乾きやすくはなりますが、

にエアコンのドライを使うと寒いです!

 

そういう場合には、

エアコンの暖房と扇風機の併用

おすすめします。

 

暖房だけでは水蒸気が部屋の中にたまって

乾きにくかったり、カビの原因になりますが、

扇風機を使えば、水蒸気をためにくく

によって分が乾きやすくなります。

 

扇風機の風人に直接当たると寒いので、

洗濯物に当たるように調整しましょう。

 

暖房ドライデメリットメリット

簡単にまとめてみましたので、

ご自宅にあう方法を選んで下さいね。

 

【暖房】

デメリット・・・電気代が多くかかり、乾きにくい

メリット・・・濡れた洗濯物から水分が蒸発するので

暖房での乾燥対策になる。

 

【ドライ】

デメリット・・・部屋が寒くなりすぎる

メリット・・・空気中の湿度を下げるので、乾きやすい

 

エアコンの設定温度っていくつにすればいいの?

冬場も、エアコンの設定温度20度を目安にして下さい。

 

冬場は空気が乾燥しているので、

洗濯物を部屋干しすることによって、

加湿ができるというメリットがあります。

 

暖房を20度の設定にして、

洗濯物直接風が当たるようにして

乾かすのがベストです。

 

部屋も暖かくなり、空気も潤って

とても良い環境になります。

 

【部屋干しの方法】

部屋干しの場合は、特に洗濯物が重ならないように

注意しましょう。

 

Tシャツなどを干すためのハンガーも、

太めのものを使った方がいいです。

前側後ろ側の生地がくっつかないようにすることで

空気に触れる面積が増えて乾きやすくなります。

 

そして、洗濯物と洗濯物の間に風の通り道を作ることで

早く乾かすことができます。

 

約10cm程度、目安としてこぶしひとつ分くらいは空けましょう。

 

洗濯ばさみが沢山ついている角ハンガーを使う時は、

長いものと短いものを交互に干すよりも

アーチ形に干した方が早く乾きますよ。

 

乾きにくい洗濯物を外側に干すことが

早く乾かすコツなんですね。

 

部屋干しのタオルの干し方

タオルハンガーにかけて干す時、

二つ折りにすると重なってしまうので

乾くのが遅くなります。

 

空気に当たる面積が大きくなるように干しましょう。

上の方から乾いていくので、

途中で上下を逆にして干し直す

さらに早く乾きます。

 

ジーンズの部屋干し

ジーンズやズボンは、ポケットがあるので

裏返して干した方が早く乾きます。

ウエストを上にして干すのか、

裾を上にして干すかは意見が分かれますが、

内側にも空気が通るように

ピンチハンガーなどを使って

筒状になるようにしましょう。

 

エアコンを使った冬の洗濯物の早い乾かし方をご紹介しました。

暖房よりもドライ機能を使うのがおすすめですが、

その際は、扇風機などを洗濯物にダイレクトに当てるようにすると、

より乾燥までの時間が時短出来ますので、

ぜひ試してみて下さい。

 

ただし、寒いと感じたら無理せず暖房で!

これで風邪をひいてしまったら、

元も子もありませんからね(*^◯^*)

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報, 掃除洗濯

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.