気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

脱毛の真実に迫る!痛くない脱毛って効果ないって本当なの!?

投稿日:2018年7月22日 更新日:

暖かくなって着るものも自然と薄くなってくる季節になると、

そろそろ脱毛を始めようかな、と思いますよね。

つるつるでキレイな肌になりたい!という願いは

女性誰でも持っているものです。

 

でもエステに行くのにためらう一つの理由に、

脱毛は痛いから、というのもあります。

痛みのない脱毛がしたい、また脱毛ってどのくらい痛いの?

と考えるほどに不安になるし、

痛そうで脱毛するか迷ってしまうところですよね。

 

もちろん、誰もが痛みのない快適なとまではいきませんが、

それくらい痛さを感じない脱毛を望んでいると思います。

でもその一方で「脱毛は痛くないと効果がない

そういうような噂も聞いたことはありませんか?

 

そこで今回は、脱毛の痛みと効果は比例するのか、

それぞれの脱毛方法によってどの程度の痛みを感じるのか、

痛みの違いがあるのかをご紹介したいと思います。

 

そこでまず結論から言うと、痛みと脱毛効果は比例しているので、

痛くない脱毛方法はない、ということです。

もちろん痛みは人によって違います。

痛みを感じやすい、また感じにくいという

個人差は若干ありますが、一般的にいって、

全く痛みを感じない人はいないということです。

 

脱毛には種類があって、それぞれの脱毛の施術は

全て懇望を焼くこと、皮膚の内部にある根毛にやけどを作る

ということをしているので、

どうしても痛みが発生してしまうのです。

一種のやけど、と思うと痛みを伴うのは

仕方がないことなのかもしれませんね。

なので、「痛みがないと脱毛は効果がない」、

こう言われるのは施術の仕組み上、仕方のないこと。

 

なので、もし全く痛みがないという場合は、

根毛が完全に焼き切れていない

ということになると言えるでしょう。

つまり効果がないということです。

もちろん、皮膚が火傷し脱毛が

できない状態になる恐れもあるので、

無理のない出力にあわせてもらうことが

必要になります。

 

では、脱毛の方法によってどれだけ痛みが違うのでしょうか?

脱毛の施術方法はさまざま。

そしてどの部位を脱毛するかによっても痛みは変わってきます。

ここでどんな脱毛方法があるのか痛みのほどもご紹介いたします。

 

  • ニードル脱毛(涙がでるほど痛い)

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して、

毛根を壊す脱毛方法です。

細いとはいっても、針を刺すわけですから、

これはかなりの激痛を伴います。

毛穴の一つ一つに針を刺して行く方法なので、

毛が多いところほど痛みは強くなります。

デリケートな部位の脱毛は特に痛みが強くなります。

 

  • レーザー脱毛(輪ゴムで弾かれた感じの痛み)

こちらの施術は、脱毛したい場所にレーザーを当てて

毛根を壊すという方法。黒色の部分のみにレーザーが

反応して熱で焼いてしまうので、

照射の瞬間に、輪ゴムを弾いて当てたような痛みを感じます。

ムダ毛が多い場合や、脂肪が薄い部分はより痛みが強くなります。

ニードルより、痛みが少ないのがポイントですが、

毛の状態によって痛みの度合いが変わります。

毛が多い時期、施述し始めほど、痛みが強いと言えます。

 

  • フラッシュ脱毛(痛みを感じにくい)

こちらは、特殊なジェルと特殊な光を用いて、

毛根にダメージを与えて脱毛していきます。

レーザー脱毛と、作りはよく似ていますが、

ジェルの成分が痛みを防いでくれて、

レーザー脱毛よりも出力が弱いため、

痛みを感じることは少なくなります。

出力を上げるほどに痛みは増します。

特にワキやVIOなど、太い毛が密集しているところは

痛みを感じやすいです。

 

このように、方法によって痛みも

かなり違ってくるということですね。

でもどれでも、痛みゼロということにはならないようです。

脱毛したいけど痛いのはイヤ!でも痛くないと効果ないって本当なの?

先ほども述べたように、

脱毛とは、根毛を焼いて壊すということ。

なので、ある程度の痛みを伴うのが脱毛。

全く痛みがないというものは期待できない、

そして効果がないものと言えるでしょう。

 

レーザー脱毛の場合、痛みを軽減させるため

クリーム麻酔」という、塗り薬をしてから施術をすることがあります。

また、クリニックによっては、レーザー熱の吸収を

軽減させるために、冷感ジェルを塗って施術を行うところも。

フラッシュ脱毛の場合、冷感ジェルを使って痛みを軽減していています。

 

そのほか、痛みを軽減するには出力を弱めてもらう、という方法も。

出力を弱めてもらうと痛みもそのぶん軽減されます。

残った毛の量が減ってきたら、徐々に出力を上げていくように

してもらってもいいですね。

まず、方法そしてどの程度のものなのかはエステで確認、

きちんとカウンセリングをすることをお勧めします。

痛くないのは効き目もないの?脱毛のメカニズムと効果を検証!

痛くない方法で脱毛したいと思うところですが、

痛みの感じ方にかなりは個人差があります。

一般的にあまり痛みを感じないフラッシュ脱毛でも、

ものすごく痛いと感じる人もいます。

この痛みを感じやすい人と感じにくい人の差は、

どんなものかというと、

 

  • 敏感肌の方

ちょっとした刺激で肌荒れを起こしやすい人、

肌が乾燥しやすい敏感肌の方は、フラッシュ脱毛でも

痛みを感じやすいと言われています。

こういった方はあらかじめパッチテストをしてもらって

痛みに耐えられるか確認してみましょう。

 

  • 日焼けした肌、色黒の人

レーザーやフラッシュ脱毛は、

皮膚の黒い部分に反応して熱を出す、

というものがあるので、毛のない肌の部分まで熱を発してしまいます。

そのため、日焼けした肌、そして、色黒の方は

痛みを感じやすいということも言えます。

施術中は絶対に肌を焼かないようにしましょう。

信頼できるエステでしっかりカウンセリング

効果を期待するにはある程度の痛みは避けられないようです。

脱毛を受けたいと思う時に、まず信頼できるエステを

チェックしてきちんとカウンセリングをしましょう。

そこで納得のいく形ではじめていくようにするといいですね。

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.