気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

服の悩み

ダニが服についたら乾燥機が無敵!?ダニも全部駆除できるの?

投稿日:2018年5月27日 更新日:

湿気が多い季節になってくるとダニが気になります。ダニアレルギーなどの健康被害にあっている方も意外といますよね。

どんなにきれいに掃除をしていても、ダニは発生する条件が整えば繁殖し増大していくものなのです。ダニは25度から28度の温度でそこに、人のフケやアカ、そして食べカスなどがあれば、繁殖してしまいます。

湿度が高くなるこれから梅雨の時期は要注意です。

ダニが特に発生しやすい場所としてあげられるのは、畳、ソファ、そして何と言っても布団です。特に布団は圧倒的に多いようです。

またダニは、洋服にも繁殖します。意外と思われる方もいるかもしれませんが、洋服は、普段クローゼットや、タンスに入れて閉めっぱなしにしているものなので、ダニが発生しやすい条件が揃いやすいということになります。

洋服にダニが発生してしまった場合、考えただけで気持ちが悪いですし、もう着たくも無くなりますよね。だからと言って捨ててしまうのも勿体無いですし、それがお気に入りのものだったら捨てるのも忍びないと感じるはず。

そしてダニがついていた洋服を一つ見つけたところで、その服だけにダニがあるということにはなりません。クローゼット全体にある服がダニの餌食にということになっていることが容易に考えられます。

そこで、服なので、洗濯をすればダニは退治できると思いがちですが、残念なことにダニは水の力では死滅しません。死骸や糞は取れますが、いきているダニは服についたままなのです。

とても生命力があるダニ。でも、完全に死滅することができます。しかもとても簡単に。

そこでどんないい方法があるのかをご紹介いたします。それは乾燥機です。衣類乾燥機を使うことでダニを死滅させることができます。

しつこく生きているダニが乾燥機で死滅する理由は?

ダニは、洗濯しただけでは死滅しない、とてもしつこいものなのですが、乾燥機を使うことによって死滅させることができます。それは、ダニは、50度の温度で2〜3分で退治することができ60度以上で即退治することができるからです。

温度に弱いわけですね。ダニの体は、はタンパク質で構成されていて、それが熱によって変性死滅してしまうからです。

これなら簡単ですね。しかも完全に死滅させることができるなんてこんなに嬉しいことはありません。

乾燥機がない場合は、アイロンでも対応可能です。アイロンも熱くなるので、ダニを死滅することができます。やり方は、ただ通常通りにかけければいいだけです。

温度は高い方がより確実ですが、アイロンなら60℃以上に設定して使用しましょう。一般的なダニなら、60℃以上で瞬間的に死滅します。アイロンならどのお宅にもあると思うので、すぐにできるはず。

かけるときに注意するときは、その服がアイロンが使える素材かどうか、また設定温度なども衣類のタグ表示を確認しておく必要があります。また、当て布をしたり、スチームを使ったりと工夫次第で活用できます。

スーツそして、コートなど普段アイロンをあまりかけない衣類でも、素材に問題が無ければスチームを使って熱を加えながら使うと効果的ですよ。衣替えのシーズンなどに一気にやってしまうといいですね。 

乾燥機で死滅したダニは掃除機で吸い取るべし!?

この方法中簡単にそして確実にダニを退治することができます。そしてもう一つ重要なことがあります。乾燥機に入れた服、そしてアイロンをかけた服は、必ず掃除機で吸い取りましょう。

掃除機のヘッド部分を布団用や洋服用の物に付け替えて、端の方までしっかりと吸い取っておきましょう。これで完全に終了です。また気持ちよく着ることができますよ。死骸も完全に吸い取ることで完了です。

ダニを繁殖させないために

 ダニを繁殖させない環境作りも大切ですね。

環境を整えることで繁殖を抑えることができます。ダニは25から28℃程度の温度と60%以上の湿度を好みます。そこに人のフケやアカ、食べカスなどがあれば、繁殖する条件が揃ってしまいます。

湿度を低くし、乾燥を心掛けた方が良いですね。

洋服を収納しているクローゼットやタンスは、閉めっぱなしなのであまり外気に触れる機会がありません。一度その空間にダニが入り込んでしまうと、あっという間に繁殖して数を増やしてしまいます。

洋服を収納するとこは、着ていたものを脱いですぐにしまうのではなく、しっかり乾燥させてからしまうようにしましょう。その日着たものは、クローゼットにすぐにしまわず部屋にかけておいて乾燥させるといいですね。

また、しばらくクローゼットや衣装ケースには、市販の除湿剤を利用しましょう。クローゼットの扉もお天気のいい日など、時々開けてこもった空気を追い出すといいですね。

それだけでは季節によっては十分ではないので、クローゼットやタンスの中にも使えるダニ取り剤も積極的に活用しましょう。ちょっと気をつけるだけでダニともさよならです。 

こんな記事も読まれてます

-服の悩み
-

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.