気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

その他

飲んでも大丈夫?ココアに見慣れない白い粉!?

投稿日:

寒い冬にはココアが一番♪
私も大好きで、常にお家にはココアが常備してあります。

ココアと言えば茶色い粉ですが、
白い粉が混ざっていて心配になったことはありませんか?
賞味期限内だし、いいかな?とよく見ずに飲んでいませんか?

ココアの中に含まれている白い粉には、
いいものと悪いものがあります。
それを見分けて安全にココアを楽しみましょう。

大丈夫な白い粉と注意が必要な白い粉がある!

茶色いココアに白い粉が混ざっていたら、
もしかしたら心配で捨ててしまうかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。
よく見て、本当にただの粉であれば粉乳の粒です。

ココアは乳製品と砂糖からできてきます。
「ブルーム現象」という脂肪含有量の多い
ココアやチョコレートに見られる現象です。
高温なところに保存しておくと、
ココアの中の脂肪分が出てきて白く再結晶します。

これは飲んでも大丈夫なパターンです。
ただ、風味は若干落ちていることが多いです。

チョコレートの包み紙にも
注意書きが書いてあることがありますよね。
「チョコレートの表面が白くなっていても問題ありません」
のような表記を見たことがあると思います。
ココアでも同じ現象が起きているのです。

絶対飲んではいけないのはこんな時!?

白い粉でも、絶対に飲んではいけないときがあります。
その白い粉の正体が「虫」だからです。

よーく、白い粉を観察してください。
もし動いたら、確実に虫です。
袋ごとすぐに捨ててください。

観察するだけではわからない場合は、
お湯に溶かしてみましょう。
飲んでも問題のないブルーム現象による白い粉であれば、
たしかに溶けにくいですが
混ぜていたら自然となくなっていくでしょう。
でも時間が経っても溶けない場合は、虫です。

タバコシバンムシという虫で、
ココア以外にも粉ものによく発生する虫です。
小麦粉やパン粉などにも発生するので、同様に注意が必要です。

ココアに虫を発生させないようにするためには
きちんと密封し、冷蔵庫に保存することです。
たいていチャックがついていると思いますが、
それでは心もとないので、
密閉容器に入れて保存することをオススメします。

開け口にココアが付着したまま
常温で保存していると、虫が発生します。
唐辛子などにも発生するので、
他の食品も密封できているか要確認です。

まとめ

ブルーム現象による白い粉は食べても、体に害はありません。
でも、風味は落ちていることがあります。

また、白い粉が動くようであれば
それは間違いなく虫なので、
すぐに捨てるようにしてください。

ココアのまわりに置いていた食材も
もしかしたら虫にやられているかもしれないので、
周辺の確認をした方がよいでしょう。

こんな記事も読まれてます

-その他

Copyright© 知ったか , 2020 All Rights Reserved.