気になるあれこれを知ったかで済ませずに調べてみました

知ったか

お役立ち情報

11月生まれが少ない理由って?日本人の誕生日の割合がおもしろい!

投稿日:2018年10月1日 更新日:

インターネットで、生まれ月での人数の統計をとって紹介されているものをいくつか見て見ましたが、どうしてなのか。
11月生まれや、1〜4月生まれが少ないのだとか。
どうして少ないか気になるところではあります。

この内容にご興味がおありの方っていらっしゃることでしょう。
そんな方に今回は、「11月生まれが少ない理由って?日本人の誕生日の割合がおもしろい!」と題して、ご紹介していこうと思います。

11月生まれの人は少ない!さらに1~4月生まれも少なかった!

11月生まれの少ない理由とは一体なんでしょうか?
その他にも1月から4月に関しても少ないようで、同じく理由はどのようなことがあるのでしょうか。

正直なところ、推測で考えていくしかないので、独断と思いつきで理由を考えていきたいと思います。

11月生まれの人が少ない理由
まずは、誕生した日から受精して266日(出産までの平均日数)、9ヵ月弱を引いて逆算した夜の営みがあった月を求めてみると、11月生まれは、2月あたりに受精したことになります。

ですので、その2月の過ごされている状況を推測していけばいいと思われるのですが。
簡単に言ってしまえば、2月は、月に28日しか日数がないからだと思われます。

月に28日しかないと言うことは、その28日の中で、他の月と同等に31日という日数分の仕事をこなす必要があるために、2月はどうしても忙しく、夜の営みにまで気が回らないのではないでしょうか。

1月から4月生まれが少ない理由
■1月生まれに関しては?
先ほども言いました出産までの平均日数である266日、9ヵ月弱を1月から逆算してやると、4月の段階で受精したということになります。

そうすると、4月で思い浮かぶのが、旦那さんの仕事が年度始めでとても忙しくそれどころではない、ということが思い浮かびます。

他にも人事異動などでも環境が変わって気苦労も絶えないと思われるので、夜の営みに時間を費やすのであれば、仕事での環境を整える方に力を注いでいるはず。

そう考えると、なかなか子作りに励む時期ではなく、仕事に励む必要があることが理由になるのでは?

□2月生まれに関しては?
上記と同じように、生まれ月を出産までの平均日数で逆算してあげると、5月が受精した時と言うことになります。

で、この5月にどのような状況が考えられるか、先ほども言っていた4月の仕事が忙しすぎて、5月に入って急ブレーキがかかった状態を想像してしまいます。

精神的にも肉体的にも疲労が蓄積していては、精力やたくさんの愛、体力が必要になる夜の営みにはとてもじゃないですが身が持ちません。

■3月生まれと4月生まれに関しては?
これに関しても、生まれ月を出産までの平均日数で逆算します。
もう、これだけ説明すれば、何月になるかは分かりますよね。

受精したのは、3月か6月で梅雨の時期で環境があまりよろしくありませんし、気圧の変化のせいで精神的にも湿りがちになってしまいますから、少なくなる要因に。

4月に関しては、7月になりますが、梅雨が終わって、次にはジメジメの猛暑になります。
こんな中で旦那さんも仕事するわけですから、夏バテで夜の営みはお休み。

逆に誕生日の人が多い月は?あなたはどっちに生まれてた?

11月生まれや1〜4月生まれに対して9月生まれが多い理由
9月の生まれ月に関しても、出産までの平均日数で逆算してみましょう。
すると、お分かりの通り、イベントのある真っ只中、24日,25日クリスマスや年末年始のお正月などが目白押し状態です。

そして、環境的にも、仕事は長期休暇で美味しいものは食べてるし、精神的にも肉体的にも完全に回復して、お嫁さんともロマンチックな雰囲気も作れてと、子作りに励めと神様が言っているような、これが噂のクリスマスベイビーってことになるのでしょうか。

あなたはどっちに生まれてた?
皆さんは、どちらの生まれ月に産まれていましたか?
9月生まれは多いようなのでいろんな場所で他の人と誕生日が被って、自分にとって特別な誕生日が薄れてしまいそう…。

どうせなら、11月生まれや、1〜4月生まれのあまり人と被らない特別な日に生まれてきたいですかね?
でも、思いました。少ない生まれ月に子作りに励んでいるご夫婦って仲がいいんでしょうね。

まとめ

「11月生まれの人は少ない!さらに1~4月生まれも少なかった!」「逆に誕生日の人が多い月は?あなたはどっちに生まれてた?」について、取り上げてきましたが、いかがでしたか?

寒くなり始めると人肌恋しくなる季節ということでしょうか?

11月生まれや、1〜4月生まれに関しては、暑かったり忙しかったりと環境が整わず、それに対して9月は、寒くなり始め、人肌が恋しくなる12月や1月、環境的にも整っていますから、子作りをする上では申し分ない状況であることは、今回の記事を書いていて分かったことになりますね。

皆さんは、どの季節に子作りに励まれますか?クリスマスベイビー?
迎春ベイビー?GWベイビー?

こんな記事も読まれてます

-お役立ち情報

Copyright© 知ったか , 2019 All Rights Reserved.